電柱も電線もありません。そういう景観があちこちでひろがっています。水は底の石ひとつひとつの色が見えるほどに透き通り、そしてとても冷たかった。