碧の水が瀬になって流れ、白い石の河原を新緑の木立ちがいろどり、山々がそれを見下ろしています。どっちをむいても、山また山。