いろいろな花が、上高地の晩い春をいろどっています。これはエンレイソウというそうです。標高1500メートル、紫外線ばりばりの陽射しのなか、生命の歓びが静かにみなぎっていました。