吊り橋の向こうにそびえる明神岳は、この山あいにあって、ワダツミの神を祀るご神体です。安曇野ももとはワダツミが訛ったものだとか。海派の私も「まぁそれなら」とでかけた次第。