読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

趣味

JAXAシンポジウム-宇宙食(?)食べてきた

もやもや状態だけど義務感で仕事探しをしてる昨今、くさくさするので手軽に無料イベント。宇宙航空研究開発機構 (JAXA)のシンポジウムに行ってきました。→JAXAシンポジウム2007
なかなかゴージャスなプリンスタワー東京に気分はおのぼりさん150%。「宇宙食の試食あり!」というので、ひろーいコンベンションルームの会場は満員。メガネ率とリュック率が高かった。
楠田枝里子女史の司会で、JAXAの人との対談型トークショー。トークショーは二部構成で、いよいよ来月に打ち上げる月周回衛星「CELENE」(かぐや)の話が第一部、来年からスタートする「きぼう」プロジェクト(国際宇宙センターに日本の実験棟をくっつける)の話が第二部。
目が悪いこともあって前から三列目に陣取って、トークを楽しく聞いた。楠田枝里子の司会の見事さには感心。はずむトークながらもフィニッシュは時間ぴったり。さすがプロ! …… ちなみに彼女のエッセイ「ロマンチック・サイエンス」は、私のお気に入り本のひとつでもある。

トークショーのあとは、おたのしみの宇宙食の試食。しかし「宇宙食!」といっても超珍しいものが出るわけではない。ふつーのサバ味噌缶とかアルファ米とかケチャップとかを、常温長期保存が可能なようにチューブ付き容器に変えてアルミの真空パックにしたものが主。あまり過大な夢を抱かないよーに。
細かな点では、宇宙では味覚が鈍くなるので味付けが濃い目に、また液体が飛び散らないようにタレやスープの粘性を高めたりしているらしい。目についたのは、チューブが詰まらないようにとわかめが微細に砕かれたわかめスープ、ゲル状になった「野菜生活」ジュース(おいしかったので通常販売されるかも)など。また会場で人気&美味しかったのはカップヌードル。もにゅもにゅっと円筒型に成型された麺に、あんかけタレのようになったスープが絡んで、ぱくっと食べられる。あれはもっと食べたかった。何にせよ、協賛メーカーには参加者からも感謝!

トーク中、「2025年頃には月面に40人の宇宙飛行士を送り込むのが日本の目標」と聞いて、それ自体は頑張ってほしいし応援もしたいが、ちょっとせつない気分になった。
国や自治体の計画は、規模がデカイだけにスパンが長い。過去の三十年ほどの間、宇宙関係は(特に日本では?)冷遇されてたっぽいし、たとえば「かぐや」は十年計画、「きぼう」なども二十年計画。宇宙飛行士の若田さんはもともと「きぼう」のオペレーター候補として1992年に採用されたというが、彼がその作業に携わるのは2010年予定。それでも宇宙に行けるのはまだマシで、宇宙を夢見ながら、時代が合わず、計画実施の前に現場を去ったり、管理や運営畑に廻った人もいるだろう。
大きな夢は、どんな分野でもバトンリレーであり、そのときどきの国力や世界情勢にも左右されるので、いたしかたないといえば、いたしかたないことではあるのだけれど。
これから半世紀も経てば一般人の月旅行も夢ではなくなるかもしれない。お大尽の宇宙旅行も結構だが、できれば、長年にわたって地道に宇宙計画を支えてきてくれた人たちにこそ、いの一番に月旅行を楽しんでもらいたいなー、と思う。

べたべたとつくる・こそこそとさらす

今日はおえかき教室。先日から新しくいらした女性が居て、年代が比較的近いせいか、入って最初に会った生徒仲間のせいか、割とマジメに絵が好きなせいか、なんか知らないがフレンドリーに接そうとしてきてくれている。それ自体は人間として良いことだと思うが、基本的に私はおえかき教室に絵を描きにいってるのであって、社交に神経を使うつもりは全然ない。さらに折悪しく、今は画題の関係で席が隣。で、今日は時間が終わってからこっちの絵を覗いて褒めてこられたので、『うわっ、ひゃあ!!! ぎゃああああ!!』という感じで、挙動不審になってしまった(汗)。

基本的に、モノをつくっている途中にヒトに見られるのは死ぬほどキライだ。指導を受けている身だからイーゼルに絵をさらしてても平気なフリして耐えているだけで、パーティション方式になっていたら迷わずこもる。褒められるとかけなされるとか、そういう問題じゃない。下手をするとトイレ真っ最中にドアを開けられるよりも耐え難いかもしれない。お弁当の中身を見られないようフタを立てるとかを超えて、青ひげか夕鶴か出産直後の母猫かというレベルで、どーしよーもなくイヤである。他にもそーゆーヒトはいないだろうか。

私の場合、ひとさまに何かつくったモノをさらすのは、「そこから自分を切り離すために」やることだ。切り離してやっと、別のものに取りかかれる。だが、よく個展とか謎の即売会であるよーなシチュエーション、「作者と作品が見比べられるほど近い」状態にまで耐えられるかというと……、まったくもって自信がない。

しかし。デキはどうあれ、何にも縛られず、誰のためでもなく、没頭して何かをつくっている最中って、めちゃめちゃしあわせだよね。生命の泉が湧き出てくる感じ。どこに着くかどこに居るかじゃなく、その瞬間瞬間が人生の報酬。非常によろし。

裸の大将……

謎なタイトルの理由は後述。
今日はおえかき教室だった。シゴトシゴトでスルメのように伸びきってても、えんぴつ持ってせこせこと描いているときもちのリハビリになる。布団買い換え等で血を吐くほど金欠な春だが、それでも水泳教室の1.5倍の月謝を払い、出品料まで払ってしまってみるてすと。好きなことでの要り用はニンゲンなんとしてでも工面するもの。かつてどう金欠でも毎日毎日タバコを買い続けていたことを思い出せば納得。稚拙な絵を時間をかけてちみちみと描いているうち、しょぼけた布団のよーだった心がお日様に当てたよーにふくふく回復してくるので、この道楽はなかなかやめられまへんな。
さて、二点出品できるので最初は石膏像二点にしようかと思っていたが……、改めて見てみると、どうも物足りない。ぱらぱらと過去絵を見直しつつ考えていると、先生が 「ああ、この人体像がいいと思いますよ」
それはモデルさんを使ったヌードデッサンの絵。
「や~、この絵、顔がケバくてコワイですから考えちゃってたんですけど~」。
先生が快活に答える。 「いや、モデルさん自体がそうだったですし」。
「……そ、そうですね……リアリズムってことでひとつ」

しかしどうして、よりによって、全作の中でも一番時間をかけてない裸婦像を奨められてしまうのか。
人体画 (not人物画) を描くのは確かにだいすきだが。特にヌードは抜きんでて好きだが。
そんな想念が鉛筆のタッチいっぽんいっぽんから滲みだしているのだろうか。イヤげすぎる中年の春。

そういうものなのか

それはそれとして。家に帰ると額縁2枚が配達されていた。……まだ入れる中身ができていない。描かなきゃ(汗)。
そして掛け布団を買うことにした。てか、羽布団がシーツの中でやぶけたらしく(一週間ほど前にびりっと異音がしていた)、ここ数日、部屋の中にはケサランパサラン状のものが舞っている。てか、今も机の上は羽根ぼこりいっぱい。

おともだちのところで知った「成分解析」、なかなかスゴイ。

せいの成分解析結果 :

せいの85%は魂の炎で出来ています。
せいの5%は夢で出来ています。
せいの4%は電力で出来ています。
せいの2%は宇宙の意思で出来ています。
せいの2%は小麦粉で出来ています。
せいの1%は血で出来ています。
せいの1%は覚悟で出来ています。

……バーニン・スピリッツと呼んでください。別ハンドルなどで試すのもまた一興。
ちなみにこのブログは、というと。

あからさまに、オカルトの成分解析結果 :

あからさまに、オカルトの49%は勇気で出来ています。
あからさまに、オカルトの35%は血で出来ています。
あからさまに、オカルトの15%は知識で出来ています。
あからさまに、オカルトの1%はお菓子で出来ています。

勇気と血がほとんど。最初のエントリの向こう見ずさを思うと、実に言い当ててる感が(笑)。

けったいなものども

シゴトではあんなことやこんなこともしたいのだが、ずっと居るのも悪いような気がして、適度に折り合いをつけて帰る。それでも元気があったので、舞い込んできた在宅シゴトの手戻りも瞬殺。その勢いでネットをさまよう。
で、ふと立ち寄ったネト仲間な方のブログを見て、古い記憶が疼いた。
「愛・地球博」といったらモリゾーとキッコロ。「筑波博」といったらコスモ星丸。
思うのだが、こういう催しもののキャラというのは、このテの「可愛いんだか何だかわからないモノ」、いやストレートに言うと「けったいでほのかにブキミさもあるモノ」のほうが印象に残るし、妙に愛されるのではなかろうか。
衝撃的なことだが、若いおともだちたちは、筑波博の頃に生まれてたり幼稚園だったりする。なので、コスモ星丸について、ネットで拾った画像で図示しておく。
hoshimaru
こうやってみると、なかなかポップな80年代風のキャラでこそあれ、どこがブキミだと思われるかもしれない。
だが、私はその頃、他校が文化祭で出していたマンガのシーンに衝撃を受け、いまだにアタマから離れない。原画はシンプルな線画だったが、絵を描くのは大変、私の15分手抜きコラージュでイメージ再現してみよう。こちらをクリック(別ウィンドウ)。……ね?

換装とほほの記

※ぱそこん自作系の話題のため、意味不明な方はまとめ段落だけどうぞ。

今日、雪だったので、ついCPUを載せ替える。石をよくみる。
あれ……ぷれすこじゃん(汗)。イヤげな予感。
のせかえる。電源いれる。
うわあああ、ビープ音連発ぅぅぅ!!!
連れのマシンでマザボメーカーのサイトを見る。……このマザボ古いから、ぷれすこ対応してねーし!!
泣きそうになる。連れに 「祖父地図で衝動買いした時点で負け」 と言い放たれる。
すごすごと祖父地図に出かけ、ノースウッドに変えてもらう。てゆーか差額4000えん払って、なんでCPUをダウングレード交換しなきゃいけないんだよ……(大泣)。てゆーか、リテールファンいらなひ。
こうなると 『祖父地図にお買い得なし』 という我が家の格言の重みが肩に食い込むことだよ。(ちなみに 『“I./O DATA の製品は買うな”が祖父の遺言(笑)』 という家訓もある。)
さて、ついでに行楽も済ませて家に帰り、石を取り替え、マシンを立ち上げた。
(「S.S.I. KULVULCAN、START !」 とか何とか胸の中でつい呟いていたのが、ちょうど行きあって見てきたのがこーゆー催しだったもので。……血を吐くほどオタ臭いな、今日のブログ)
CPU換装くらいなら本来は当然だが、問題なく立ち上がった。
しかし。
追加したHDDが認識されてねーよ……(滝汗)。てか、逝っちゃってたのHDDじゃなくて、マザボ側? んじゃマザボ換えすんのかぁ? ……って、石ダウングレードした立場は?……メモリ総取っ替えかい? ………。
あまりのバカさ加減にアタマがぐるぐる。とりあえず、放置!

けっきょく、連れに言われた。「つまりキミはだな、万事順調だから、つい面倒なコトがしたくなったんだよ。それだけだよ」
私は観念して答えた。「……うむ……(汗)」

たまには訪問者サービス

 知人のブログで見かけた『占いモンキー』なるフラッシュ。管理人さん(=筆者)との今日の相性が占えます……って占ってどうする(笑)。自分の性格も占えるとかで、あそびにどうぞ。
 ふつう、本文ではなく周囲に貼るものだろうが、だがこのニフティの無料ココログだと周囲のレイアウトは固定。有料コースならイロイロいじれるが、何もこれひとつのためにそこまでする気は(笑)。そもそも、いじるのが面倒だからブログはじめたんだろー!>自分