読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

ゲーム

願い事が叶うゲーム……わらえた

今日になってようやく、いつも愛をくださる人がブログをもってることを知り、たむたむと読んでいた。
んで、このゲームの項目を読み、やってみて、爆笑したので、転載。
ゲーム自体は前に読んだことがあるのだけど、やったのは初めてだったなぁ。

----------------------------------------------------------------

願い事が叶うゲーム

 1行ずつ、ゆっくり読み進めてください。
 先を読むのは厳禁です。


このゲームを考えた本人は、メールを読んでから
たったの10分で願い事がかなったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を
貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たったの3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。
先を読むと、願い事が 叶わなくなります。

1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。

2)1番と2番の横に好きな3~7の数字を、それぞれにお書き下さい。


3)3番と、7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。
(必ず、興味のある 性別名前を書く事。
 男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)

必ず、1行ずつ進んで下さい。
先を読むと、なにもかもなくなります。


4)4、5、6番の横それぞれに、
  自分の知っている人の名前をお書き下さい。
  これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。

まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。


5)最後にお願い事をして下さい。

さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けてください。
そうすれば、願い事は叶うでしょう。

----------------------------------------------------------------
いろいろと絶句する結果でした。
この調子だと願い事も叶ってしまうかもしらん。

旧き強敵(とも)よ、キミの名を5番に挙げる私は、まず何よりも因業なのだろう。

コソーリ置いてみた

いつも巡回させてもらってるお方のブログが年末以来更新がないので、どうしたのだらふと、エントリではなくメインページに飛んでみた。すると「ブログバトラー」なるものが設置されているのを発見。あそんでもらおうと、自分もキャラを作り、ついでにサイドに置いてみますた。
私ゃこうしたアクセサリに関してはとてつもなく飽きっぽいので(実際デスクトップテーマとかランチャーとか使わないしさ……)そのうち消えると思いますが、ブログ持ってる人はあそんでやってください。
……それにしてもココログのカスタマイズってわかりにくい……。しかも明日はメンテとかで記事も書けません。んんむ。

誰も死なない世界

身の破滅なのでコンシューマーゲームは持っていませんが。任天堂のWiiという新型機ではMSXからメガドラから、さまざまな過去ゲーが動く予定らしいですな。いやNESくらい持っていますが……、ごくふつうのゲーム好きな人が、過去作品を安価かつ手軽にDLして遊べるのはとてもよいことかと思います。
ちょっと前に、エロゲの有名ブランドであるアリスソフトも、(いまなお中古屋で高値がつくレベルの)過去作品を大量に配布フリーに踏み切って、某匿名掲示板でニュース板にスレが立って祭りになっていましたな。宣伝ももちろんあるでしょうが、「自分たちがいなくなっても作品は残り続ける可能性があることは嬉しい」といった趣旨でした。
私らより少し上くらいの世代が職業ゲームプログラマー第一世代かと思うけど、この世代も(業界から足を洗ってなければ)現場の一線どころか、そろそろプロデューサー職もひいて、完全に役職につく頃でしょう。つまり「世界の外に出て行ってしまう」頃ですね。そう考えると、古いゲームの廉価販売や配布フリーといった動きの加速には、「年配客の懐古シュミへの迎合」というだけでなく、つくる人には誰しもある「つくったものを遺したい」という願いというか欲望というか、しみじみと感じます。
……そうして滅んだかのように見えるものは蘇り、死者たちは墓から出てくる。ミームしかないこの仮想空間では、それがありうるのですな。
コンシューマー機は身の破滅だからWiiは買わないかもしらんけど、スペースハリアーやりてぇ!(←唯一わたしでもあそべたアクションゲー)。