読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

いきもの

きんぎょズ☆になる(安らかに)

今月は、一部が崩れた部屋の壁を補修したり、こわれてしまった二十年以上酷使したコンロを買い換えたりと、家庭内整備が多く、調子がよくないなかダラダラとお手伝いしていた。

おかげで水換えなどをダラダラさぼっていて、それゆえに、四匹いるきんぎょのうち、二匹がたてつづけにお星様になってしまった。
からだの弱い蝶尾がまっさきにやられて、「なんか色が褪せてきたなぁ」とかいってるうちに病気とわかり、塩浴や薬浴などもさせたが今いち。

なんて言っているうちに、いちばん丈夫そうな琉金が、尾がボロボロと腐り、うろこが剥げてきて、一週間と持たずにお亡くなりになった。泡くって水換えなどをしてたら、その日のうちに蝶尾もお亡くなりになった。

のこる二匹のうち一匹も、うろこの一部が剥げているので、もしかしたら全滅してしまうかもしれない。
水槽の中の生態バランスは、いちど崩れ始めると何とかリカバリするまで時間がかかるようだ。

細菌性の病気は、ほとんどがマンネリ化した管理のせいで起きてくるので、金魚たちにとってはどうにもこうにも災難だったとしかいえない。体つき的にそう大きくはならなさそうな個体だったけれど、たいせつに育てれば、四、五年は平気で生きられるのに、たった半年や一年そこらで死なせてしまった。

きんぎょを飼い始めた頃は自分も調子よく、きんぎょたちも良い個体だったので、水槽内でも繁殖をするなど、元気にいきいきと暮らしていたのだが。最初に飼ったきんぎょたちが、個性あふれて可愛かったので、いまの金魚を育てるのにいまいち気乗りがしていなかったのも、よくなかったのだろう。

さいわい、ねこのほうは元気で、朝晩が冷えてくるにつれ、あぐらをかいた腿に乗ってきたり、寝ている布団にもぐりこんだり、昼はたたんだ布団にもぐりこんで寝たり、じぶんなりにやり過ごしてくれている。

いちにち16時間とか、信じられないほどの時間を寝て過ごしているので、なにもできないのに月日の過ぎるのははやい。キンモクセイも散り終わり、そろそろ霜月も近づいて来る。
のこりのきんぎょも、ぶじに冬を過ごせるとよいのだけれど。


ねこは驚くほどキンカンが好き

最近ちょっと驚いたこと。

蚊に刺されて、伝統の虫さされ薬「キンカン」をぺたぺたと脚に塗っていた。そしたら、うちのねこが寄ってきて、くんくんくんくんと必死にキンカンの匂いを嗅ぐ。みるみる目に涙がたまってきて、ぷるぷるっ、と頭を振って涙を飛び散らかせて、それでもなお、必死にキンカンを嗅ぐ。

しまいには、勇気を出してペロリとなめていた。……猫のあんな表情は見たことがない。とてつもなくマズそうな、何とも表現しがたいフクザツな顔をしていた。

キンカンは虫さされには実によい薬なのだが、こんな落とし穴があろうとは。

今日も蚊に刺され、キンカンを取り出す私。しょうこりもないねこが何とも愛おしいことだよ。


ちなみにねこは、遊んでほしいときは、私の背中にどすどすと前足をかけてせっつく。最近は朝起きると、人の背後に音もなく忍びより、でんと座り込む。こちらが無視をしていると、どつきがはじまる。

きんぎょたちの名前も何となく決まった。しかしあまり個性がなく、さびしいものがある。きんぎょは個性的であってほしいものだ。柄とかの問題ではなくて。

きんぎょリターンズ

病気のどさくさで管理もできなくなり、きんぎょたちを死なせてしまったのは、とても悲しいことだった。
オトコマエで賢かった紅丸や逞しかった雪ちゃんをしのぶにつけ、あとで一匹追加で買って生き残った琉金のアラばかりが目について、また気力が湧かないこともあり、水槽はほとんど放置していた。

あまりにも殺風景なので、何とかしようと連れが言い出し、私も不精だが何とか上大岡の野本養魚場まで出かけていって、らんちゅうの仔魚を四匹と、黒白模様の蝶尾を一匹、買ってきた。らんちゅうの成魚は3000えんをくだらないので、色変わりもしないチビ金を、宝くじのようなノリで買ってみたのだった。
044

とはいえ、らんちゅうは弱いし、仔魚はなおさらのこと。
というより、まともに水替えもしていない水槽に入れたのが悪かったのだろう。四匹ともが二日で全滅して☆になった。ベンケイソウの植木鉢の中に埋めた。

沈んでいたのだが、連れがなおも「水槽をあかるくしよう」と言うし、それももっともなので、今度は近くのホムセンで、らんちゅうとは名ばかりの安いハネ魚(だろうなぁ)を買ってきた。別にうちはマニアではないので、らんちゅうのデキ不出来をうだうだ言う気もない。ただ元気で泳ぎ回っていてくれれば言うことはない。
046

で、今のところ元気に泳いでいるし、エサもわらわらと食べている。水替えとか、生き物の世話は大変だが、すこしは心のなぐさめになるかもしれない。これらの金魚たちの個性がだんだんわかってくるといいのだが。まだ今のところ名前もつけてない。知っていくうちに名前は決まっていくだろう。

ちび金魚ズその後

8月のアタマに、残ってたちび金魚ズ4匹をまとめて養子に出した。
たまごから育て、ボウフラより小さい稚魚から、ぴちぴちプリプリに育てたので、愛着はあったが。

最後に記念写真を撮った……が、反射してよく見えない(笑)。
Kingyo_2

日の当たる大きなプラ池で、天然採りの水草を食べながら、のんびり暮らせる……という素晴らしい条件だったので、日の当たらないエアレもない我が家の外飼いプラケースより、よほど良いだろう、と思ってのこと。

さいわい、次の日から我が物顔で生活しているという。達者で暮らせよ。

その後、水草育成用に、と外ケースを残しておいたらボウフラ発生 ヒャア。
コーナンで安いリュウキンと黒出目金を買ってきた。もとのもくあみ。

和金だと黒出目金がいじめられるとリュウキンを買ってきたのに、このリュウキンが意外に気が荒くて黒出目をいじめるので、隔離しなければと思っていた矢先、三日目の朝にはもう☆になっていた。
かなしい思いで、近所の公園の桜の木の下に埋めに行った。

プラケースは処分し、残ったリュウキンは、また引き取ってもらおうかと思っている。

もちろん親金魚たちは元気。ファンをつけ忘れて30度にもなる水温でも、むしろイキイキと餌をねだっている。丹頂の雪ちゃんは、一時期のストレスのせいか水温高めで飼ってるせいか、すっかりアタマが褪色してハゲ金になってしまったが、やっぱり元気で何より。

チューリーちゃん、(ちょっと)リターンズ&生き物ズ

Chuu_2

数年前に、前の甥っ子からもろた、チューリップのチューリーちゃん。→記事
あれ以後、春にはムスカリと一緒に植え、つぼみが出てきたら取っちゃう(球根を太らせるため)、のを繰り返していて、今年もひとつのつぼみは取り去った。
だが。一週間ほど前になるが、ちゃっかりともうひとつのつぼみが、出ていた。

取り去って、切り花のような状態で置いておいたけど、その前にぱちり。

花の約束は確かなり。
来年もまた、セコいプランターでも吊り棚でもいいので、植えようと思う。
本当は豊かな土に地植えするのがベストなのだろうが、なかなかそうもいかないので、できる範囲で。
いつかまた満を持した花を咲かせてあげられるといいのだが。


Kin1
金魚は、さすがに過密飼育になったので、子供らは外バケツへ。
これだけ数がいると、水草入れたら、もう動けない。おかげで殺風景な水槽の中、親金たちはじーっと動かなくなり、(小さい琉金の)白丸のしっぽが尾腐れ病のようにちぢんできた。黒らんの引っくり返りの原因は違うのかもしれないが。

やがて、しばらく一匹だけ水槽に残してた有望かつ獰猛な仔金も、白丸を追い回してしっぽをかじってイジメていたのを発見し、「病気じゃなくてイジメだったんか」とバケツへ。
とはいえイジめられてた白丸は、かつて黒らんをイジメては、水槽のボスである丹頂の雪姫にどつかれていたことがある。因果応報というべきか。

何はともあれ、数を減らしたら、親金たちがのびのびと動くようになった。人間でいえば雑居房に詰め込まれて24時間過ごすような、たいへんなストレスだったのだろう。済まないことをした。
Kin2

しかし殺風景な水槽だと、目隠しブツがなくて紅丸が落ち着かない。ヒーターの下にオデコを当てて休んでて火傷しかけてたりするので、今日はカボンバを特盛りで入れた。
……入れて5分でつつかれて抜けて、水槽内で浮かんでるし。

子金たちは外飼いで引き取ってくださるとこがあったので、近日もらわれていく予定。こちらがばたばたしているので予定がのびのびなんだけど。
それにしても……、もう仔引き(=卵を産ませて選別育成すること)はしないぞー。こんな狭い環境では、親子ともどもに悲惨だし、作出とかいってると、いったい何匹犠牲にすればいいんだ?ということになる。

金魚なんかは自然には存在しない奇形品種なわけだが……、牛馬などの家畜や犬猫などのペットに対する品種改良というか血の選別も、けっこう問題を引き起こしているようで。

先日、「動物感覚」を読んでいて改めて知ったことではあるが、人間の「こうあってほしい」という勝手な思惑が、時にはその品種全体を危機にさらしてたりするわけだ。


Neko1_2

ねこ、ダンボールタワーの屋上でドヤ顔。
側面に開けた穴が噛み破られて、もはや何だか意味不明な形になっているのがよくわかる。

拾ってきた頃に比べたら、毛並みもつやつやし、ふてぶてしさは増してきたが、ヘタレなのは相変わらず。
あちこちにはっきりとブチ模様も出てきて、ドラ猫っぽさが増してきたのだが、ちょっとでも怖いことがあったりビックリさせられると、「にゃー」と意気地なく鳴いて逃げていく。
しかし、高いところに登れば、狭いながらも自分の天下。とくいとくいで下界を見下ろしている。


Neko2
さらにネット通販なんかでダンボールが届こうものなら、催促されて遊んでやる羽目になる。こっちが遊び相手につかれて放置すると、後ろから、両前足を使って、どんと背中を突いてくる。
もうすこし、飼い主に思いやりをもった節度ある猫になってほしいが、まだ一歳そこらでは仕方あるまい。自立心に欠ける甘え猫な気はするが、他の猫がいない状況なんだしなぁ。

こんな程度のねこ育てですら大変なのだから、人の親なんていったら気苦労はねこの比ではあるまい。
すべての親と子のあいだに、思いやりと率直さと尊敬と笑顔がありますように、と願うばかり。

立春を待ちながら(きんぎょケア・ねこケア)

今日は日中に雪が降った。横浜ではめずらしい気がする。それくらい、さむい。

しばらくブログを書いてなかったが、とりたてて言うこともない。
今後は発注がなさそうな内職シゴトにいそしんだり(まだ残ってる)、ねこの世話をしたり、きんぎょの世話をしたり。
節分・立春前は、つまり大寒なことだし、こもこもと家事するだけで十分よしとしたい。あまり暗くて寒い時期、夜がふけると、また鬱のときの感覚がよみがえってきそうで、よろしくない。太陽が恋しいかぎり。

そういえばこのあいだ、間のぬけた(しかし実はクレバーな)きんぎょ、紅丸をみていたら、体の側面に白っぽいもやもやとウロコの内出血。あわててネットで調べ、「すわ、初期の穴あき病か!?」と、手がかじかむような日に全換水をして、その間バケツにメチレンブルー(放射性物質の除染で一時期話題になったが、金魚の薬でもつかいます)入りのさら水を満たし、みんなまとめてドボンとほうりこんだ。ちょっと骨折りだった。

しかし、翌日、連れがよく観察するに、水槽内の水草の傍らで紅丸がお気に入りポジションで憩っている時、問題の箇所が、隣の葉っぱでスレていることが判明。
このきんぎょ、紅丸はおでこに何か(葉っぱ、チューブ等)を乗っけてやすむのが常となっている。それでしょっちゅうスレ傷を起こしているのだが……。内出血してまで同じポジションにこだわるなよ!!

で、問題の横葉をちょきんと切って、問題解決。
しかし、その後、何だかおさまりが悪くなったのか、やすむ位置をいろいろ試行錯誤しているようだ。ナンギなきんぎょだなぁ。

また、ねこの上下運動のため、キャットタワーかキャットウォールの導入をかんがえていたが、内弁慶ながらもビビリでへたれの猫なので、高い位置によろこんで登るのか不明で迷っていた。巨大なタワーを導入して、遊ばなかったら、単なる場所ふさぎではないか。

なのでホムセンで、しっかりしたダンボールを買ってきて、ボンドや何やで補強して、内部を抜いて登れるようにし、天井近くまでのダンボール塔をつくってみた。
工作中から興味津々で、できあがった途端にさっそく中に入り、うまいこと駆け上がって、ドヤ顔で下界を見下ろしていた。

問題は、何日で飽きてしまうかだ。運動不足を少しでも解消してほしい。つーか、しろ。
そして、ねこがのぞき窓を食いちぎったダンボールのカスが、頭上からぱらぱら降ってくるのは、想定外だった。硬めのダンボールだが、いつまで持つのだろうか。こまったもんである。


回復と師走

ねこ、骨折から4週間。
昨日お医者さんに行ったんだが、あまりの歩行のスムーズさに「……どっちの足折ったんでしたっけ」。

背中ジャンプも先週から復活しており、ほぼ元気。レントゲンで撮ったところ、曲がっていた骨盤もほとんどまっすぐに治癒。もう折った骨も付き始めていたのだが、折ったほうの足は1cmほど寸詰まりになるかとのこと。見た目にはほとんどわからない。ジャンプの直後に、かる~く足を曳いてる?程度。ほぼ大丈夫だけど、無理はさせないようにしなければならない。

また、懲りなさそうな猫なので、よく注意したほうがいいだろうとも言われた。のんきな飼い主だが、“背中に乗ってあそぶ猫が、料理中にとびついてきて、勢いあまって天ぷら油の中に落下”とか、“七階ベランダから転落して九死に一生を得た猫が、ケガが治った途端にまた転落して死亡”など、こわい話を聞かされて、室内で極力あそんでやることにした。さいわい、さむいのでストーブ前から離れない。

ポイントサイトなどでこつこつと貯めたポイントでキャットタワーを買ってやるつもりだったが、今はまだ高所にのぼらせるわけに行かないので、通販のダンボールを積んで急場しのぎの遊び場を作ってやったら、要塞としてたてこもって、遊びをせがんでくる。ケータイもムービーもないので動画は撮れない、デジカメで撮るにも手ぶれでムチャクチャなので、てきとーにミニサイズの画像をあげておこう(写真はクリックして見てください)。

Photo


きんぎょのほうも順調……というか、春まであまり成長しないでほしいところだ。外飼いをはじめるには、もう寒すぎる。とはいえ、水温が下がると食欲が落ちるはずが、家のきんぎょは皆がつがつとエサを食べている。まがりなりにも室内飼いだから、そこまで水温は落ちないけど……。
ちなみに唯一のメスで水槽の女王陛下で貪欲No.1の丹頂、雪姫は、エサをくれくれダンスどころか、人影を見かけると口で、ぱちゅん!と水面を鳴らして注意をひく、というワザまでやってのける。
のんびりした頭脳派にしてオトコマエの琉金、紅丸はお気に入りのアタマ葉っぱのせポジションを毎日とっている。おデコに葉やチュープをのせて安らぐのが好き、内出血してもやめないほど好きなのだ。
Beni

で、これら「何だかわからんけど雪だるま式に世話をすることになった」もろもろのために、エサやりしたり買い出ししたり水替えしたり内職に励んだり、いろいろ忙しい。十月半ばからこの方、すぐに咳や熱がぶり返すのが続いてるのだけど、まぁ、いきものは待ったなし。

いのちの時間は常に待ったなしだが、かといって焦ってあれもこれもやろうと欲張っても、それはそれで有意義にみえて、目録だけの豊かさな気もする。
時間は追いかけると、なくなる。
あたかも永遠に生きるかのような構えで取り組んでいれば、ずいぶんといろいろなことで、ほんとうに時間を節約できただろうに、と思い返すことが多々ある、そんな師走。

ねこ、おかげさまで

手術をすべきか否か、お医者さんと共に検討してるうち、ケージに入れて少し静養させといたら、一週間も経たないうちに動き回るようになり、10日経った今では、香箱もつくるし、ほぼスムーズに走り回ったりもしています。
猫、スゴすぎ……。

動物の手術というと皆が苦悩する費用面は、今回は運良くなんとかなる局面だったし、かかりつけのお医者さんも良心的で格安を言ってくださったのだが、メスを入れること自体に色々と考えてしまったのでありますた。
ただ今回は結果オーライのようだが、今後を考えると、医療行為についてどこまで適用するのか、ついつい悩むところ。いのちの保持に対していろんな手が打てるようになった現在ならではの悩みではあろうが。
猫のほうも、ブロック塀でワンバウンドしたらしく、骨盤も少し歪んでるようだし、まだ油断はならない。排泄には問題がなかったので、せいぜい寒天たべさせたりして便秘させないように気をつけたい。

まだ背のり系の大ジャンプはしないけど、今の段階でされても困る。ゆっくり静養してほしい。つーか、しろ。

ねこ、転落、骨折

ごくごく早朝、寝て一時間半、ねこの異様な鳴き声に目が覚める。
窓の外からの声。だが、窓外のわずかな憩いスペースに、いない。

見下ろすと。
……眼下のコンクリートの上に、しましましっぽがっ!
そして近隣の眠りを破らんばかりの狂乱の鳴き声。

こっちも必死でねこを呼ぶ。
目が合う。だがねこの叫びはおさまらない。
わたわたしながらねぼけ眼で、部屋を出て、ぐるりと駐車場へ。

だが何ということか、人の顔を見ても塀の上へ逃げる。
その時、ふと疑問。
(走り方、ヘン……?)

ねことひとの、あまりの騒ぎに大家(つまり兄)まで出てきた。
そこで場所をキープしてもらって、私は塀の反対へ、ぐるーっと回る。
背伸びして、高い塀のうえから抱き取ったんだが、おおさわぎ。
ねこと兄の初対面はてんやわんや。だが、ともかくねこは頭を撫でてもらった。

まだ鳴き叫ぶねこを部屋に連れ帰ると、なんと後ろ足あげて、三本足でとびあるき。

そのあと連れが起き出したりしたんだが、委細を略して。

骨折してたよ orz。


ねこなのに間が抜けすぎという感じだが、厄災を身代わりに受けてくれたのだ、とか好意的におもおう。
手術は様子見で近日中だろとのこと。


最近はべた慣れで態度もデカくなり、(物を利して)人の肩や背中に飛び乗ることをおぼえていた。
連れも私も、子猫というには図体のデカイねこ乗せ状態で、歯磨きや洗いものをしていた。
大変めいわくだが、背中に伝わる温かい肉球の感触も、この先まったく無いとさびしい。
早くよくなれ。

金魚2世代住宅&えびぞり猫

ちび金魚たち、メンテが面倒になったので、デカ水槽に合流。
Kingyo1
親金たちがいなければアクアリウムのような感じなんだが……スケール感の違いにめまいが。
金魚おおあばれで、アンブリア(水草)がぼこぼこ抜ける。オヤツとして入れているので、いいっちゃいいのだが。

Kingyo2
人の手と比較。このままだと過密水槽なので、冬を越したら、ちび金魚たちは里子に出そう。里親募集中。ほとんどは白い金魚。ちいさいうちは手がかかりません。

こちらは猫。えびぞる猫。

Neko

いきものの世話ばかりにあけくれる日々。たまに読書なども。