読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 液晶テレビ in 昭和空間、ねこタワー(段ボールでキャットタワー) | トップページ | おぼえがき必須(読書について&図書館の効用) »

波紋はひろがるもの

おかーさんが口内の手術をすることになり、年度変わり早々に大阪へ。しかし、前処置で不手際が起きて手術まで至らず、次日程もすぐには決まらないので、とりあえず私は引き返してきた。

連れも私も精神的に消耗したので、有馬温泉へ超お手軽な温泉バス旅もした。滞在3時間のミニミニ旅ながら、芯から温まるといくぶん気持ちもやわらいだ。かつて関東ローカルにまで「♪有馬温泉の向陽閣へ~」とCMが流れていた現物も見られて、ちょっと感動。

留守中のねこの世話は旧き強敵(とも)にお願いし、正味、三泊五日で帰ってきたが、ねこは不機嫌。噛む蹴る唸るで、「下僕のくせにどうして家を空けるんだー!!」と言わんばかり。それでも寝る時に、にゃあと声をかけてふとんに入ってきたのは、いじらしいかぎり。夜中はまだ寒いし、大暴風の日もあったしで、不安な思いをさせて済まなかったことだよ。しかたないので、ねこ孝行に努めよう。さらに、不在のあいだに、また暴走ジャンプでコケたか何かしたのか、ひどくびっこをひいている。怒りは身を滅ぼすぞ、ねこ。

火災をおそれて水槽のヒーターを切っていったせいか、黒らんちゅうは完全に沈没病になってしまった。ヒーターを切っても水温は14度くらいはあったと思うが、体質の弱い黒らんにはキビしかったのだろう。帰ってすぐココア浴をさせてみたが、ココア浴は浮くタイプの転覆病にしか効かないと知り、早々に打ち切って、水温をだんだん上げていくことに。他の連中は面憎いほど元気だが、最近まるまるしすぎなので、しばらくココア寒天でも食べさせておこう。デブも身を滅ぼす。自分自身にも言い聞かせたい言葉だ。

ヨノナカは関連しあっていて、誰かひとりの不調・好調が、さりげに周囲の生活や行動にも影響をおよぼしていく。機嫌よく過ごしているだけでも、周囲にプラスになる部分はあるのだろう。ましてや、こちとら身勝手でいきものを飼っているのだからして、ともかく自分の調子だけでもキープしておきたいもんだ。

あ、往きの新幹線の中で山田風太郎の「魔群の通過」を読了。悲痛にすぎる幕末歴史小説だったが、引き込まれて読んでたおかげで、富士山みられなんだ。帰りは曇っていて見られなかったし。旧い人間なので、新幹線にのってて富士山が見られないと、なんか損した気分になってしまう……。

« 液晶テレビ in 昭和空間、ねこタワー(段ボールでキャットタワー) | トップページ | おぼえがき必須(読書について&図書館の効用) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/54405674

この記事へのトラックバック一覧です: 波紋はひろがるもの:

« 液晶テレビ in 昭和空間、ねこタワー(段ボールでキャットタワー) | トップページ | おぼえがき必須(読書について&図書館の効用) »