読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 昭和86年 in おおさか | トップページ | 立春を待ちながら(きんぎょケア・ねこケア) »

あるけたべろ京都&帰宅

次の日は京都に足を伸ばしてみた。大阪から近いというから。たしかに近い!
体感的には、横浜から上野あるいは錦糸町くらいにもおもえた。てか、関西は私鉄が張り巡らされているので、わりと安く移動できるのだ。

とりあえず京都では嵐山のライトアップだけは見ることにしていた。職場の京都出身の人が、京都観光ということで検索して見繕ってくれたので。
三条で降りてから、どこに行ったらいいのやら、てくてく歩き、祇園を抜け、八坂神社に行って、境内のテキ屋屋台でこちらでは見かけない「焼きたけのこ」をいただく。

それから清水寺に行く道すがら、おいしいみたらし団子を買い食い。清水寺に行ったら、「今年の漢字」の発表で舞台が占拠されていて、舞台からの見晴らしをたのしめず、ぶーたれる。ぶーぶー言ってくたびれつ、まだライトアップまで時間があるから、と仁和寺に行こうとし、駅までタクシーを拾ったら、「仁和寺やったらその駅やなくてこの路線のほうがよろしよ」とか「嵐山に行かはるんやったら、京福鉄道に乗っていくよろし」と年のいった運ちゃんに世話してもらい、四条大宮から、路面電車の旅になる。

時間をかんがえ、仁和寺に行かず、嵐山をぶらぶら。しかし、紅葉の季節も終わったというのに、平日だというのに、芋洗い混雑。渡月橋のとこで遅いひるごはんを食べ、またてくてく歩く。天龍寺でとても綺麗な庭をたのしみ(世界遺産だったのか)、野宮神社やら何やら、ひたすら歩いているうち、竹林の小径の近くで道が混んで、いよいよ身動きがとれなくなる。ライトアップの点灯待ちの人々でぎっしりなのだ。

で、17時になって竹林がライトアップ。なかなかきれいだったが、写真を撮ってる人々がみな口々に「前の人のアタマしか撮れひん」と嘆いていたのがわらえた。でも人気がなかったら、けっこうコワイ雰囲気になっちゃうと思う。
あちこちのライトアップ、とてもキレイだが、樹木には迷惑だと思う。夜はしっかり寝てもらって、春には筍を分けていただくくらいが、良いおつきあいではなかろうか。
千年の古都だから、相当ヘンなものとか面白いものが棲んでいるとおもうが、あの混雑と開発では、そういうものもなかなか羽根を伸ばせまい。観光客がこう言うのもナニだけど、覗かせてもらうのは最低限でエエよ。

それからまた早い夕ごはんを食べ、帰阪。京都ではそばとか豆腐とかを食べ、「観光地だもんね」と覚悟していたわりには、高価かつ悲惨な食べ物にはあたらなかった。ラッキー。

翌日は、帰る日というのに商店街をぶらつき、えび餅(桜エビをすりつぶしたものを混ぜ込んだピンク棒餅)をゲット。などとたのしんでいたら、帰りのこだまにあたふた乗り込む時間になり、土産は職場の分だけ引っつかんで入手、というていたらく。縁者の皆様えろうすんまへん m( _ _ )m。

帰りは動物病院(ペットホテル)に直行し、ねこ引き取って帰る。最低限のヒーター設定に抑えた金魚たちは、帰ってみたら、じーっと寝てた。ねこも、しばらくは落ち着かなかったが、緊張の糸が切れたのか、ストーブの前で爆睡中。

わたわた移動するのは、せわしないなぁ。ちょっと師走気分にもなったけど、くたびれたー!!

« 昭和86年 in おおさか | トップページ | 立春を待ちながら(きんぎょケア・ねこケア) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるけたべろ京都&帰宅:

« 昭和86年 in おおさか | トップページ | 立春を待ちながら(きんぎょケア・ねこケア) »