読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« ねこ、おかげさまで | トップページ | 昭和86年 in おおさか »

回復と師走

ねこ、骨折から4週間。
昨日お医者さんに行ったんだが、あまりの歩行のスムーズさに「……どっちの足折ったんでしたっけ」。

背中ジャンプも先週から復活しており、ほぼ元気。レントゲンで撮ったところ、曲がっていた骨盤もほとんどまっすぐに治癒。もう折った骨も付き始めていたのだが、折ったほうの足は1cmほど寸詰まりになるかとのこと。見た目にはほとんどわからない。ジャンプの直後に、かる~く足を曳いてる?程度。ほぼ大丈夫だけど、無理はさせないようにしなければならない。

また、懲りなさそうな猫なので、よく注意したほうがいいだろうとも言われた。のんきな飼い主だが、“背中に乗ってあそぶ猫が、料理中にとびついてきて、勢いあまって天ぷら油の中に落下”とか、“七階ベランダから転落して九死に一生を得た猫が、ケガが治った途端にまた転落して死亡”など、こわい話を聞かされて、室内で極力あそんでやることにした。さいわい、さむいのでストーブ前から離れない。

ポイントサイトなどでこつこつと貯めたポイントでキャットタワーを買ってやるつもりだったが、今はまだ高所にのぼらせるわけに行かないので、通販のダンボールを積んで急場しのぎの遊び場を作ってやったら、要塞としてたてこもって、遊びをせがんでくる。ケータイもムービーもないので動画は撮れない、デジカメで撮るにも手ぶれでムチャクチャなので、てきとーにミニサイズの画像をあげておこう(写真はクリックして見てください)。

Photo


きんぎょのほうも順調……というか、春まであまり成長しないでほしいところだ。外飼いをはじめるには、もう寒すぎる。とはいえ、水温が下がると食欲が落ちるはずが、家のきんぎょは皆がつがつとエサを食べている。まがりなりにも室内飼いだから、そこまで水温は落ちないけど……。
ちなみに唯一のメスで水槽の女王陛下で貪欲No.1の丹頂、雪姫は、エサをくれくれダンスどころか、人影を見かけると口で、ぱちゅん!と水面を鳴らして注意をひく、というワザまでやってのける。
のんびりした頭脳派にしてオトコマエの琉金、紅丸はお気に入りのアタマ葉っぱのせポジションを毎日とっている。おデコに葉やチュープをのせて安らぐのが好き、内出血してもやめないほど好きなのだ。
Beni

で、これら「何だかわからんけど雪だるま式に世話をすることになった」もろもろのために、エサやりしたり買い出ししたり水替えしたり内職に励んだり、いろいろ忙しい。十月半ばからこの方、すぐに咳や熱がぶり返すのが続いてるのだけど、まぁ、いきものは待ったなし。

いのちの時間は常に待ったなしだが、かといって焦ってあれもこれもやろうと欲張っても、それはそれで有意義にみえて、目録だけの豊かさな気もする。
時間は追いかけると、なくなる。
あたかも永遠に生きるかのような構えで取り組んでいれば、ずいぶんといろいろなことで、ほんとうに時間を節約できただろうに、と思い返すことが多々ある、そんな師走。

« ねこ、おかげさまで | トップページ | 昭和86年 in おおさか »

いきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/53382787

この記事へのトラックバック一覧です: 回復と師走:

« ねこ、おかげさまで | トップページ | 昭和86年 in おおさか »