読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« なぜかうちに猫がいる | トップページ | 上野の蓮と無料コンサート »

ねこときんぎょ

うちには金魚がいるので、ねこは危険ではないか、という意見もある。
しかしまぁ、今のところは大丈夫だとおもう。必要だったらガラス蓋を再度つけよう(夏なので外してある)。

金魚は環境さえよければ、水槽でも何でも産卵する。
ということで、うちでも増えてしまった。
Kingyo
孵化して2ヶ月。メダカよりちいさい。

金魚は生まれて3~4ヶ月で色変わりをする。それまではフナみたいに黒っぽかったりするだけで、色は出ないそうだ。つまり、模様はあとのおたのしみ。とはいえ、おかーさんが丹頂なので、どうやらほとんどが白ではないかと。

しかし、この撮影のためにお椀に移しておいて、それを見事に土間でひっくり返し、一匹死なせてしまった……。
金魚たちにとって、ねこより恐ろしいものは、粗忽な飼い主。

で、その猫の写真。
Neko1

顔がほそいので子猫に見えないが、ミルクに大喜びな辺りは、やっぱり子猫。猫じゃらしでひたすら運動させて、一日たいへん。自分でも、しのびより突撃とか、いろいろバリエーションをつけて狩りの練習をしているようで。

利発そうだし実際かしこいが、神経が細そうなので気がかり。目ヤニを拭くのは、あまり嫌がって暴れるので2日に1度くらい(獣医さんには病気はないと言われたし)。

とりあえず、近所に「迷い猫保護中」と貼っといて、一週間ほど様子見……。「うちの猫が拉致された!」とか言われてはこまるので。

Neko2

ちょっと目を伏せてると、頼りなさ感が出てしまう。何とかたくましい猫に育て上げなければ。

« なぜかうちに猫がいる | トップページ | 上野の蓮と無料コンサート »

いきもの」カテゴリの記事

コメント

おっ、ネコちゃんの写真。
お顔が確かに大人っぽい。
こないだ石垣島で、ぬいぐるみみたいな造作の
子猫たちを見かけました。
小さい。細い。はしっこい。
黒猫のジジにそっくりな感じ。
首都圏では見たことない容貌だったなぁ。

こんにちは~。

ねこも最近は至れり尽くせりのはずなのですが、
なんか、「野良」が居られない時代で、ナンギそうですね。
横浜の下町あたりはまだ、猫おばさんがいるからマシかな。

アウトローとはいかずとも、「道草」もできない生活スタイルは、
神経症を大量に招きそうですな。ねこにかぎらず。

 ねこもきんぎょも好物ですhappy02
ねこちゃん、かわいいなあheart04
猫は柄で性格あるらしいけど「全身の大半が白一色の“白猫”は繊細な性格をしている」と書いてあった。やっぱ繊細なのですね(^-^;白猫はプライドが高いってのもあったけど、白猫…ではないか。

こんにちは~☆
白猫は繊細か……。うーん、家に馴れて、ツンデレ姫になってきました。

のど撫でるのはともかく、だっこは大嫌い。水洗いなんてもってのほか。
じゃれかかって噛みついたりうなったり何だりで、朝から激怒させられる
こともしばしばです。正直、金魚のほうが癒やしになる……。

怒られてしょげたり、閉め出しで啼いたりするのをみると、何だかなぁ。

寝てるときだけはかわいいです。

可愛い~っ!!やっぱり子猫は至高の生き物ですなぁ☆ 
可愛いは正義!!
金魚にとっては恐ろしい存在以外のなにものでもないでしょうけど…(笑)

こんばんは~ (^^)

金魚が危機感を持っているかというと、そんなこともなく……。
なにが来ても「えさくれるの?」と寄っていくのが、金魚というもの。

子猫はたまに、興味深そうにじーっと見てる (^-^;;
とはいえ、水が大嫌いな猫なので、今のところはフタなしで行けそう☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/52287563

この記事へのトラックバック一覧です: ねこときんぎょ:

« なぜかうちに猫がいる | トップページ | 上野の蓮と無料コンサート »