読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« いちおうまとめにリンク | トップページ | 今こそ昭和を喧伝 »

買い占められの町、だがしかし

昨日は牛乳が町に無く、カフェオレが飲めなかった。しかたがないので、今朝は都合で早くに起きたことだしと、はやくに買い出しに出た。いや、徒歩3分の距離だけど。

地元ゲットーといったら、もはや人間の耐用年数をはるかに越えてもまだまだ生きる気まんまんの老人に充ち満ちているので、しょぼいスーパーにもかかわらず、しかも開店から15分というのに人出いっぱい。「なんでこんな早くからこんなに混んでんだよ!」と悪態をつくオヤジもいたが、まさにオマエが言うなの世界。
輸送の都合もあるのかもしらんが、棚はガラガラ。いつもこれくらい売れていればもう少し値段を安くもするのだろうか、とつい思ってしまうことだよ。つか、みんなそこまで大食漢なのだろうか。この辺りのジジババは、たしかに朝からステーキ平らげそうな面構えではあるが、節操のないことだよ。

さいわい少しばかり牛乳の在庫があったので、やれ嬉しやと一本カゴに入れ、さらにおやつなぞも入れて、レジにならぶ。
しかし見回すと、みごとにお米がない、パンがない、カップメンがない。だが。
(……??)
カップメン98円の棚に、ふたつばかり、見慣れぬカップメン容器。
好奇心に手に取ると、「スープ入り焼きそば」とあった。
「新食感! 湯切りをしない焼きそば!」とのこと。なんという、けれんのワザ。
レジのおばちゃんが、「あ、それ、ペヤングのだけど……。買う?」
私はなまぬるく微笑んで、棚に戻す。おばちゃんも(だろうねぇ)という顔で、そのままレジを続ける。

こんな事態で棚に残ってしまう辺りが、狙ってスベった感、10倍増し。ペヤングの開発担当者の心中いかに。

※あまりの情況が(現在進行形で)続いているけど、正直、考えを向けると、感情が止まってしまう。ささいな募金や節電のほかは、何とか良い方向にむかってくれ、と祈るしかできない。しょーもないネタで和める日が多くの人のうえに戻ってきてほしい。

11日の昼、連れと公園を歩きつつ、春のうららかさに目をほそめ、おもわず「生きとし生けるものよ、幸福であれ、安穏であれ」と想っていたのが、あまりに遠い日のようで、つらい。

« いちおうまとめにリンク | トップページ | 今こそ昭和を喧伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/51128366

この記事へのトラックバック一覧です: 買い占められの町、だがしかし:

« いちおうまとめにリンク | トップページ | 今こそ昭和を喧伝 »