読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 今こそ昭和を喧伝 | トップページ | さくら咲くらむ »

原発関連……ずれた位置から見てみる

ノー・スキルの人間にできることは限られているので、被災地にはせめてタマ(お金を政治家はこう呼ぶそうな)だけは持たせねばと、ネット上で貯めたポイントあらいざらいとか小金をお送りしておいて。あとは粘着気質的に、数年先に、傷ついた人たちが苦しい立場にさえ立たされてるなんてことのないよーに、じーっと監視することにして。

原発関連のハナシ界隈……ダーティ&エグい話は抜きでね。書き始めると、「一晩でも二晩でも聞かせちゃるけぇそこに正座せいや」になりかねないので。で、心に響いた文章を、いくつか紹介。


ログ取ってないけど某匿名掲示板でのカキコ。原発立地県にハコモノが立ち並ぶことを引き合いに、「今まで甘い汁を吸ってたんだから自業自得」とか口汚く罵るレスが続くなかで、つけられたレス。ログ残してないので文意のみ。

“そういう働き口があれば子供が都会に行かなくてすむから。年寄りは子供たちと一緒にいたかったんだよ”

……うちの亡きハハはそんな状況になりたくないあまり、自分が上京して首都圏で見合い結婚したという事実(そしてその悲願は半世紀後に四人の子供全員に看取られる形で成就)。そんなこともあって、しみじみ哀しかった。


1101新聞でリンク張られてた元東芝原子炉設計部長さんのレポート

ここで前提とされる原子炉の損傷状況は官邸レポート以外まともに出ていないので考察それ自体については抜きにして……。モノをつくる人のかなしみに満ちた末尾の一行に、「自分が何を忘れていたのか」を思い出させられました。

物質それ自体に善悪は無い。
原子力という作用がなかったら宇宙探査なんて不可能(太陽光の届かない空間では原子力電池以外の代替案は無い)。放射性物質が骨ガンの痛みを温熱で癒す治療法だってある。


ちなみに、世界で初めて(1934年)原子核の殻模型を考えだし、ひいては世界で初めて(1944年)今日つかわれる原子炉(非均質炉)のもとになる理論をも提唱していたのは、日本人なのだとか。東北大学の彦坂忠義という方。
この方は「陽子と中性子が原子核内ではっきり分かれ、しかもその間に、宇宙最大のエネルギーが潜んでいる。だから人類は、それを悪用せずに制御しなければならない」と言っていたとか(ソースなし)。

東北大学ゆかりの人々:彦坂忠義

世界が原爆開発に狂奔していた頃に、原子力エネルギーを人類の未来に役立てる方法を考えていた先人がいた。
その高潔なこころざしを無視して、目先の欲にとらわれてきた、その末が、これなのか。

« 今こそ昭和を喧伝 | トップページ | さくら咲くらむ »

気持ちが重たくなること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発関連……ずれた位置から見てみる:

« 今こそ昭和を喧伝 | トップページ | さくら咲くらむ »