読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« のんちゃん Strikes Back | トップページ | 努力というものを間近で見た »

なにはともあれ節分

節分になった。心しずかに、ぽりぽりと豆を食べてる。
ともかく、生きて、心おだやかに日々を過ごせてるうれしさよ。
去年のいまごろをおもえば感動もんだわな。

橋本治の「双調平家物語」読破に再チャレンジ中。前は3巻で挫折したが、いまは10巻の途中。飛鳥時代はまだしも、平安の世になって一段と系図が膨大・複雑・怪奇になって……、まともに読めてるとも言い難いんだけども(汗)。
しかしまぁ、こういうひときわの美文を堪能すると、まともに本が読めるようになった幸福をしみじみと感じる。

あいかわらずお弁当作りはがんばっているが、まいにちのごはん作りはナンギなものである。でも、トシとともに食べることに貪欲になってきたのか、「食べる=つくる」という回路が生成されてきたのか、できるだけ自作メシしたいという気持ちがつよい。「これは!」の必殺レシピがそんなに収集できてないのは残念。

しかし、自分で自分を饗することができる心根は、ずいぶんと豊かなものにおもえる。
「ほう、そういうこともできるヒトになったのか」などと、自分をどこか他人のようにも見ている私。

これからも生き続けると、ものごとに対する理解は深まっていく気はするけども、反比例するように文章はますます拙くなっていきそうだなぁ。見る目は肥えていくけど描けはしないって感じかな。うーん、きびしいなぁ。

« のんちゃん Strikes Back | トップページ | 努力というものを間近で見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/50768603

この記事へのトラックバック一覧です: なにはともあれ節分:

« のんちゃん Strikes Back | トップページ | 努力というものを間近で見た »