読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

初遭遇のエネルギー

今日は、ひょんなことで姪の娘(こういう関係って何ていうの?)を半日あずかることになった。
小学校一年生なので、ほとんど手間はかからない。お絵かき好きの大人しいコだし。

とはいえ、こどもと接した経験が少ない自分には、この年頃のコに何ができて何ができないのか、よくわからない。
電車に乗ったことが少なくて自動改札にまごついていたり、ジャンプ傘ではない傘をんーしょと渾身の力で開いていたり、ペットボトルの固いフタを開けるのにナンギしてたりするのを、『これはできるのか、なるほど』 とか納得しながら見ていた。
そのうちに、できないことを数えるほうが間遠になるんだろう。
不思議な思いでみていた。

ゲーム機のない我が家でのタイクツしのぎのため、ペンタブでのお絵かきをやらせた。
……スパークしてた。
「おもしろい!!」 「うれしい!!」 「たのしい!!」
人生初経験の 「うわー!」 が、私の現在の混沌&腐敗オーラを突き抜けて響いて、なんだか、はじめてPCでおえかきしたときの感覚が蘇ってくるかんじ。

(あ、「たのしい」って、こうだったよな……)
こどもの感動につらぬかれて、『さいしょのエネルギー』 というものにもう一度ふれたような気がします。
今では遠い感覚でもあるけれど、“これを毎回感じられる人は絶対に創造に疲れない” と知りました。

で、いちまい載せてみよう。
Photo
サイケな色遣いとかもいいけど、月が「ふー」と言って微笑んでるあたり、近しい感覚をおぼえます(笑)。
(複雑なフォトショではなくペイントで描かせりゃ良かったが、けっこう喜んでおぼえていた)


ちなみにこのコの母親、つまり姪が小さい頃には、(現在はマンガ家志望の)甥と共用であそぶようにと、ソニーのおえかきコンピュータを(マイお下がりで)あげました。二世代に似たようなことを繰り返してる私。

今後は、こういう 「あとから来たひとたち」 のことを書くのが中心になりそーですが、そりゃ親バカ・おばバカブログだ(笑)と弁えてますので、ほどほどに。
何より、いまや精神不調が身体に出ちゃってるので、しばし養生。更新は間遠になるとおもいます。
まだ何かを書きたいと思ったら、そのときは別ブログ立てようかと。ではでは。

転換時代

はたらかねばねばねばねばねばねば……とエンジンが焦げるほど空回りして始めた短期シゴト、『質問が多いわりには異様にハズしてる』、『ミスが多い(思い当たるフシがなかった辺りがヤバイ?)』と呆れられ叱責され、情緒不安定MAXで出勤7日間にて退職。うわー。最短記録かも?

こうまで終了フラグが立っちゃったので、さすがに、しかたない。いまやサナギ状態にあると認めます。
超コワイけど、どんなチョウだってセミだって、「羽化するまでに地面にボテッと落ちちゃったらどーしよー!」、「潜ってるうちに上にマンション建って出られなくなったらどーしよー!」とかウダウダ芋虫やってたら、どっちにせよ時間切れアウトになるしねぇ。
そもそも、そんなん、誰にもわかるわけない。『過去』や『未来』っつー妄想を悪くこじらせて死んだりするのって、人間だけだよなぁ。
しゃーない。虫にまなぶ冬。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »