読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 無節操に | トップページ | ぬくい日 »

「アバター」みてきました

3D映画だと家でDVDというわけにも行かない……ということで、ワーナーマイカルのサービスデイを使って「アバター」みてきました。映像がすごいすごいと評判なようなので。
映像はたしかに素晴らしかったです。でも、「この映画独自の映像美」というものではなく、「CGってスゴイんだなー」とか「きれいな景色ですねー」って感じ。なお、高所恐怖症には「うわわわわ」という感じのアングルがてんこもりです。
アバターのキャラは画像で見てた時はキモかったけど、映画でのしなやかで滑らかな動きが伴うと「イイじゃん」と評価が変わりました。
話自体は、もうどっかで見たような聞いたような話のつぎはぎです。ジブリ映画かよ!みたいな展開にもおもえる。
それに、いくら映像を見せるためとはいえ、175分、つまり3時間弱は長すぎる気がします。CGはすごいけど、実写な登場人物、たとえば主人公とかが存在感なさすぎ。キャラでは、“大佐”が一番インパクトがあるでしょう。ちなみに企業の手先である小ずるいプロジェクト責任者が、前に勤めてた会社のイケすかないパイナップル頭の上司に似てて、『こういうヤツは洋の東西を問わずこういう顔をしているのか』と、いらん感銘を受けました。ともかくキャラが類型的すぎで、逆に笑えました。

« 無節操に | トップページ | ぬくい日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダンナがひとりで観てきて「すごかった」を連発してました。
私は3D映画は酔うので無理だし、3時間弱なんていう長さも無理〜
もともと「大きすぎる音」や「大きすぎるが映像」は苦手で、
トシとともに本当にカラダが受け付けなくなってきて、
子どものつきあいのポケモン映画ごときですら気持ち悪くなってくるので
防衛反応で寝てしまいましたーー;
若い頃はよくひとりで映画観に行ったものですが、
もう映画館に行くことはないかも・・・・

こんにちは~(^^)。
私も3D酔いは心配してましたが、アバターの映像は、酔うほどキツくは
なかったです~(アリス・イン・ワンダーランドの予告編はクラクラした)。

目が悪くなったせいか、私も大画面がキツイです。
今回はメガネ×3Dメガネで、かなり愉快な姿での鑑賞になりました。
最近は、「見るんじゃない、感じるんだ!」と、あまり目の焦点を
合わせず、ひたすら体感に努めてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/47346700

この記事へのトラックバック一覧です: 「アバター」みてきました:

« 無節操に | トップページ | ぬくい日 »