読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 九月だよ | トップページ | シゴウしゃげたる »

時間が滝のようだ

どうかんがえても世間のヒトよりもやることは少ないのに、とても忙しく感じる。
いや、ヒマになってもロクなことはしないんですが(こないだは10時間ぶっつづけで無料パズルゲーで遊んで貴重な休日を浪費しました)。

あまりにも更新回数が減ったので、ミクシィの方にも再度RSSを載せました。
てか、更新が少なくなりゃ、いちいち通知メールに載ってても、たいしてウザくはねーだろ、って感じで。
とはいっても当分は、オチのない……つまりパンチライン(略してパンチラ byゲト山シスター)のないエントリが主になりそうで、なさけない。文章だって書かなきゃ書けなくなっちまうがな。

最近よんだ本
◎「ドラマ維摩経」、「神秘と詩の思想家メヴラーナ」、「愛の旅人」、「ルーミー語録(何度読んだことか、でも再読)」……維摩経ってーと、高橋和巳の「孤立無援の思想」で、大乗精神全開の「一切衆生病むがゆえに我も病む」の語を知ってインパクトあったんだけど、中身知らなかったんだよね。聖徳太子も読んでいたし、仏典って、日本の古典文学を読む時に、さらにその書き手たちの基礎教養として踏まえておく意味でも、やっぱ読んどくとGoodかも。大乗仏教って、ユダヤ教に対するキリスト教みたいなもんで、一種の革命的思想だったんだよな~、と思うと、イキイキ感とノリノリ感が熱い。イカすぜ、維摩詰。
あとの三冊はみんな偉大なスーフィーのルーミーがらみ。ルーミー語録はいつ読んでも胸にクる。
◎「放送禁止映像大全」、「はだしのゲン」、「マイノリティーの拳」……昭和は遠くなりにけり。野蛮と元気は紙一重。差蔑意識自体を次世代に持たせないという意味では、「用語狩り」もある程度の効用があったのかなぁ、と思う。しかしカタチを変えて差蔑や偏見は生き残るんだよな。♪屈辱と侮辱が腕をしのぎあってた~、ってなもんで。

あー、明日はプランターの植え替えをせねば。ねばねばねば、で時間を過ごしては時間に対する冒涜だが。

今のシゴトも残りわずか。次のシゴトは久々のフルタイム、完全夜型から朝型に一気シフトにチャレンジ。
鯉の滝登りのごとく、サーフィン小僧のごとく、時間の流れに負けないよう、あと一日の休み、イキイキぴちぴちをチャージだ!

« 九月だよ | トップページ | シゴウしゃげたる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/46284440

この記事へのトラックバック一覧です: 時間が滝のようだ:

« 九月だよ | トップページ | シゴウしゃげたる »