読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 変遷もまたよろし | トップページ | ……安らかに (キングにリスペクト/たまにはしおらしく ) »

耐えたんです(笑)

今日のこと。シゴトが上がり、ネット端末入力式の勤怠管理の列に並んでいたところ。
「ね~、沖田ひろゆきって知ってる~?」 「え、誰それ~?」
という会話がなされていた。思わず聞き耳を立てるわたし。
「えーとね、“イイ気分”って歌を歌ってたのよ」 「えー、いつの時代のヒト?」
二、三人が会話に加わり、話がはずんでいく。
「昔のヒトなら知ってるよぉ、ヒロくんとか言っちゃってさ」 「全然しらないよ~」 「だからいつのヒトなの?」
「昭和よ、昭和」 「昭和ねー、大ざっぱすぎるよ!!」 「じゃ、戦後戦後ww」
「昭和40年代?」 「ううん、50年代……後半だったかなぁ」
「どんな字書くのよ?」 「わかんない、ゆき、はしんにょうに似た奴だったと思う」
「ヒロはさんずいじゃなかった?」 「そうなの?全然わかんない~」
「でさぁ、“イイ気分”の“イイ”ってアルファベットで“E”なの~」 「えー、何それぇww」
「別にイケメンでも何でもないんだけどさぁ、なんかプチブームなのよ、私的にはさぁ。プチブーム」「うわ、なんで~?」
「自分でも謎よ~。それももう死んだ人だっていうのにww」 「どうしちゃったのぉ~やだぁ~ww」
「それでさぁ、その曲のサビの部分が、“ABCDイイ気分~”っていうんだって」 「何なのよ~、もぉww」
「ねぇ、XXちゃん、沖田ひろゆきって知ってる?」 「え……誰それ?」 「知るわけないじゃん、あんたより年下なんだから」 「生まれてなかったかもだよぉ~」

……すべての局面でツッコミたい、ツッコミたい、と思いつつ、昔のヒト全開になってはいけないと辛抱し続けた私。まるで回教時代スペインの隠れユダヤ教徒、戦時体制下における共産党員のように、ひたすら息をひそめていました。
『竹の子族』というキーワードが抜けているぞ、と思いつもそれを言ったら『きのこの山じゃないのぉ~?』と返されるかと思ったり、『金八先生』というドラマがあってとか説こうものなら『金曜八時で金八先生なの?』とか斜め45度上でスベるのかと思ったり、リア厨時代の友人が『ヒロくん命!』とか言ってたけどあの時代の『××クン命!』というセンスは今考えればなんだったんだろうかと思ったり。思えば遠くにきたもんだ。

……どこをどう突っ込めばいいのかわからない、ヤングな皆様は手近な昔のヒトに聞いてみてください。昔のヒトは一緒に肩を支え合って遠い眼で夜空の星でも眺めましょう。うん。

P.S. ここまで書いたところでWikipediaで沖田浩之を参照し、発売シングルのタイトルをつらつら見ていて……。
「おまえにマラリア」
ちょwwおまww あんまりに投げっぱなしスープレックス(←昭和語)なタイトルだろ!!

« 変遷もまたよろし | トップページ | ……安らかに (キングにリスペクト/たまにはしおらしく ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい!E気分っていいですね。
きっと今の若人は「セブン、イレブン、イイキブン」って歌も知らないんでしょうね・・。
私も会社の煙草スペースでつい最近の話と思って話してたら、後輩が一言「スイマセン、知りません」てこと多いですよ。それでもめげずに説明してあげてますが。
それにしても昭和の歌謡曲って題名も歌詞も因業ですね。たまにBGMで流れてるの聴くと噴いてしまいます。
刺激を受けたので、これからユーチューブでDEEPでも聴いてみます。

まったく、たこさんはこの手の話題はスルーできないんだから(笑)。
やー、昭和の歌謡曲はたまらないものがいっぱいですよね。平成な若者から見たらチクロ一杯の駄菓子のようなもんでしょう。いや、その前にチクロという用語から説明しなきゃならないんだろうけど。

トシとともに、若い世代の視線とともに、昭和因業系の新たな魅力(と書いてミリキと読む)を発見しなおしてます、イカれちゃいそうです。うん。

……でも「DEEP」はディープすぎないか?……(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/44849730

この記事へのトラックバック一覧です: 耐えたんです(笑):

« 変遷もまたよろし | トップページ | ……安らかに (キングにリスペクト/たまにはしおらしく ) »