読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 悲しき雨音(とかオールディーズ風な気分で) | トップページ | 6月なんだなぁ(近況) »

栴檀は双葉より芳し

みなさまはエントリを逆順に(つまり新しいものから)読んでいるのでちょっとナニだが。
ネイルだのケーキだの2次元キャラ萌えだのと書いていても、自分のアレさ加減はよくよくよくよく心得ている。逃れられっこない。


それは何ヶ月か前のこと。実家の棚で、小学生の時の作文を発掘した。
自分の書いたものを取っておく習慣のない私なので、新鮮な感動をおぼえた。
バインダ表紙には二年四組とある。いたいけな八歳のこども。なんとも微笑ましい。
だが、読書感想文のタイトルを目にしたとき、そんなことは言えなくなった。

「孤島の鬼を読んで」


ナニ読んでんだよ。

そんなもん学校に提出するなよ。

……ちなみに孤も鬼も誤字して添削されていた。
(未読の方はこちらのユーザーレビューを →孤島の鬼


もっとかなしい文章も書き写しておこう。身内のために。
「ともだちと私」と書かれた作文の末尾に、何の脈絡もなく、唐突に出てくる。


“私は、末っこで、家では、おねえさんのへやまで、おかしをもっていく。
帰りは、おぼんをもって行く。”


パシリ臭いっぱいのこの文で、作文はおわっている。

« 悲しき雨音(とかオールディーズ風な気分で) | トップページ | 6月なんだなぁ(近況) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>小学生の時の作文
僕の知っているせいさんから遡行してみたけど、ぜんぜん不自然じゃなくてわろた。

おお、何というコメ(笑)。

んーむ、“すくすくとねじ曲がって”成長してきたというべきか。
確かに自分でも、まごうなき自分を見いだしてしまいます。八歳の作文に(笑)。

ユーザーレビューの評価がすごいですね!
私が見た時点では20人書いていて全員が☆5つでした。

小2、生と死を初めて考え始めた時でした。
意外と複雑な年頃なのかもしれませんね~

わが家のちびが2年生なので、現代の生2年生をみる機会は多いのですが、彼女らの誰ひとりとして、この本を読むようには思えない(笑)。

だから、せいさんて好きさ!

Σ(・ω・ノ)ノ!そういえば、うちの子も二年の時なんて怪傑ゾロリみたいの読んでたし、いまもせいぜいリンドグレーンとか。乱歩なんて数年たっても読まなさそうです。そう考えるとせいさんすごい。


あ、いや……。単にうちに児童文学がなかっただけです(爆)。
さらにその頃、小学校が建て替えで、図書室とかなかったもので……。

幼稚園に行かされなかったもので、ひたすら読書こどもでした。で、少年探偵団シリーズを読破しちゃって、そのままオトナ向け乱歩の世界に。
……7つの誕生日に近所の親切な方に買ってもらった本が、「人間豹」 _| ̄|○

こどもは手当たり次第に読んでしまうものです。
愛するみなさまのおうちでは心配ないと思いますが、こどもの手の届くところに置く本の選択は慎重に。くれぐれも(苦)。

てか、ちゃんと児童文学の名作とか置いといてくれりゃ、こうはならなかったのでは。
でも何冊か並べられても、因業な本を迷いなく選びそうだ、八歳の自分 _| ̄|○。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/45172763

この記事へのトラックバック一覧です: 栴檀は双葉より芳し:

« 悲しき雨音(とかオールディーズ風な気分で) | トップページ | 6月なんだなぁ(近況) »