読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 熊蟄穴 ( くま あなにこもる ) | トップページ | 我は海の子 »

あいうえおを書け(できごと)

昔、連れから聞いた話なんで、あやふやなのだけど。
作家の開高健がスランプに入って「書けない、書けない」と言っていたとき、井伏鱒二だか誰だったかが「何でも書けばいいんですよ」と応えた。「でも書けないんです」と悲痛に言う開高に、「だから、何でもいいんですよ。あいうえお、でも何でも」と言ったそうだ。
ということで、えにっきのように単純だけど、文章を書いてみたりする。

先週の土曜は、ゲットー(現在は山の手)シスターに招ばれて、ほーむぱーちーに出かけた。いつもながらに美味しい手料理、世界を股にかけつつも穏やかな感性あふれる面々。「わしなんぞがここに居てもいいの?」と訊くことすら馬鹿っぽくなる、広くて暖かい心の人たち。いつものことながら、ヨコモジが標準会話になったりもしたが、シスターたちの英語は聞き取りやすく表情豊かなので、こちらが話すのはともかく、聞くのは無問題。さらにシスターのエンタテインメントの才能爆発な披露宴DVDを堪能させてもらい、幸せ感のおすそわけ(おすそわけというにはてんこ盛りだったが)。

そして今週の土曜は、横浜市港湾局主催の「豪華客船『飛鳥II』市民見学会」に当選したので、昼前から出かけていった。初出港の時は撮影(取材)に行ったし、我らファンクシスターズのほほえみシスターの友達なぞはその世界一周クルーズに乗船していたというが。
船内のアミューズメントな部分を一時間ほど見学させてもらって、私なぞはろまんちっく・くるーずの妄想を抱いていたが、ネット接続が(衛星経由になるので)10分間1000円になると知った連れは「常時接続じゃない環境になんかいられるかー!」と叫び、「あんな部分より機関室見学がよかった」とかボヤいていた。
……こんな五歳児と来るんじゃなかった……と、ひとしきり思った。とはいえ私も、機関室とか見たかったなぁ。豪華客船クルーズよりもマグロ漁船航海に向いていそうな私。

そのあとは、みなとみらいで「地球が静止する日」を見た(この日は1000円だったし)。なぜか私らが映画館で見る映画は、キアヌ・リーブスが出ているケースが多い。荒唐無稽な話が好きだからだろうか。肝心の中身については……、あまり気にすることはない。しかし、「We can change !!」の連発に、これは制作陣がオバマびいきなのだろうかと思わされた。
映画が終わる頃には、すっかり夜型生活なものでヘロヘロになってて、一面のイルミネーションやキャンドルでろまんちっくするどころじゃなかった。むしろ「イベント主催は大変だろうなぁ」などと思っちゃったり。

« 熊蟄穴 ( くま あなにこもる ) | トップページ | 我は海の子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/43491138

この記事へのトラックバック一覧です: あいうえおを書け(できごと):

« 熊蟄穴 ( くま あなにこもる ) | トップページ | 我は海の子 »