読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« あいうえおを書け(できごと) | トップページ | 社会インフラを支える(支えきれん……) »

我は海の子

複数の派遣会社からの頼りないオファーの重複にあたふたと右往左往・失望希望絶望楽観しつつ、ちょっと「波が悪いんなら、行けるとこまで行ってやるぜぇ!」感(と珍しいこと体験したさ)でえらんだ郵便局の深夜勤バイト(とはいえ実働6日)を控えてはいるのだけれど。

先月で辞めた会社の後任女性からは、毎週末ごとに愚痴とボヤキ吐露メールがやってくる。彼女は最近、東京下町から横浜に引っ越してきたばかりで知り合いもいない。地元民としてはせめて、気持ちを明るくしてもらい、できればこの街を好きになってもらおうと、慰めたり励ましたり、横浜の遊び場やイベント情報を紹介したり。すでに老婆心フルスロットル。いや、マンション持ちの羨ましい主婦を慰めてられるよーな現状じゃないはずだが(笑)。

昔っから、人に打ち明けごとをされたりお悩み相談をされることは、なぜか多かった。
まぁ、逆を取ったほうが当たるんじゃねーかってほど当たらない占いをガキの頃からやっていたせいもあろうけど。
高校出たか出ないかのガキにディープな三角関係を語り、金なんか要らないって言ってんのに五千円握らせて逃げるように去っていった中年女性や、ガキ全開の思慮のない「虐待とか受けてた?」て言ってしまったセリフに、思い切り暗い顔を見せたやんきぃの兄ちゃんや、「俺にイイ女できるかぁ?」なぞとエラそげな態度で聞いてきた金満傲慢オヤジに「昔の女は忘れましょう」と言った瞬間に垣間見た何ともいえない苦笑い。
いろんな思い出がいまはおぼろげに、断片的に、心に浮かぶ。
(あ、いまは人様の占いは引き受けません……、意味不明な先入観を持たれることが多いこともあって、この十五年以内のお知り合いで私が占いやってたこと話した人はほぼ皆無なのが良い証拠……ってここで冬至記念カミングアウトかい!)
そーゆー経緯もあってかどうか、知り合った人になぜか悩みを打ち明けられたりすることもあるが、基本的には苦にはならない。

ま、たいていの人は立ち直って元気になると、弱みを見せた相手を敬遠するものなので(動物的本能だねぇ(笑))、私は「ふだん遣い」の友人にはなりにくいようだ。まぁ、今回も多分そのケースになるだろうけど、できるだけのことはしておきたい。
逆に私をフツーの友人として扱ってくれる人たちは、苦しみの持って行き場や乗り越え方を自分でちゃんと身につけている人たちだけだ(そういう人たちには励まされ助けられ、むちゃくちゃ感謝している)。
三十路超えたらそんな方法論くらい身につけててアタリマエだ、とも言えようが、それができずに苦しんでる人間もたくさんいる。自分もある意味そのひとりだ。なので同類の手助けをするのは当然っちゃ当然。

私は(ロクに泳げもしないくせに)海がだいすきなので、まぁ、自分にも、海のようにいろいろなものが流れ込んできちゃうんだろう、アップダウンの波が激しいんだろう、と思っている。
冬の海は冷たいけど、体の暖かさや生命の熱さを余計に強く感じさせてくれる。
海のような豊穣さや広々深々とした心は持ち合わせていないが、それでも心はどーんと広く構えていたいもんだ。

« あいうえおを書け(できごと) | トップページ | 社会インフラを支える(支えきれん……) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/43491737

この記事へのトラックバック一覧です: 我は海の子:

« あいうえおを書け(できごと) | トップページ | 社会インフラを支える(支えきれん……) »