読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 三つ子の魂百まで | トップページ | これは書かずにいられない »

あ、書いとかなきゃ

更新を休む前に。珍しく感銘を受けた読書が続いたので、書き留めときます。
前のエントリで書いた「新・世界の神話」シリーズ。二冊借りました。
ロシアの作家ペレーヴィンの「恐怖の兜」は、チャット形式を取った技巧的な作品で、後半は読めたかどうか自信はないけど、面白かった。
けど、やはりジャネット・ウィンターソンの「永遠を背負う男」が素晴らしかった……。このヒトの文章はむちゃくちゃに私の好みに合うので読むのを楽しみにしてたんですが、今回はど真ん中ストライクで、ぎっちり堪能しました。
あと、「宿六・色川武大」……色川武大(阿佐田哲也)の奥さんが、作家の死後に出した回顧エッセイです。……壮絶すぎ。前に紹介した「うらおもて人生録」と併せて読むと、さらに面白いです。赤塚不二夫もそうですが、壮絶な人って、いるもんですね。

« 三つ子の魂百まで | トップページ | これは書かずにいられない »

愛する本・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/42047290

この記事へのトラックバック一覧です: あ、書いとかなきゃ:

« 三つ子の魂百まで | トップページ | これは書かずにいられない »