読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 書いたつもりが消えていた | トップページ | 土いじり »

アキバは遠くなりにけり

「ぷらっとほーむ」の本多のオヤジさんが6日に亡くなられたそうな。
私はディープなマイコン・電子系マニアではないので、実際おはなしすることなんてなかったが、そんな私でさえも顔は知ってた、アキバ名物なオヤジさん。私がよくアキバに行ってたのは十年以上前か、いかにも工学系な学生たちと商売そっちのけで楽しげに話してたり、ヤマギワ近くのドトールで偶然となりの席になったときに「こんどサーバセンター作るんだわ」なんて元気な話をしておられたことを思い出す。

わけのわからん再開発で、食い物屋は増えたのはまだいいが、人を食い物にする会社も増えた、人出を食い物にする観光地にもなった。そいでもって、あんなワケのわからん事件も起きてしまうし。
なんか、ねぇ。「軽犯罪」どまりの街であってほしかった。

« 書いたつもりが消えていた | トップページ | 土いじり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

住み分けのしづらい世の中になりましたね

ミムラさん、こんにちは~。
コメ、うれしいです。

現在進行形のグローバリゼーションにせよ、歴史上のさまざまな大帝国建設の過程にせよ、それって、地域の「小さな世界・小さな文化」が崩壊・変容しちゃってくってことと同義だったりするわけで。
かつてアキバにあった「ちいさなせかい」も、思えばすっかり変容しました……。

要するに、それだけ歳をとったということでしょうかw

Time past and time future
What might have been and what has been
Point to one end, which is always present

T.S. Eliot

まあ、最近このような詩で感慨にふけるのも、やっぱ歳ですねw

やっぱ歳ですねw
といっても、君たち、私よりは
まだ、だいぶ若いような・・・wink


そういえば、みむらさんが以前(今も?)
住んでいた街の治療院に最近通ってます。
先生が宇宙人みたいなので、
ちょっと宇宙ステーションで治療受けてる
ような気分になります。

>ミムラさん
おお、Burnt Nortonですね。
私も昔はAsh Wednesdayあたりが好きでしたが、最近は、あの侘び寂びな、ヘタすると「豊穣の海」のラストにつながるような世界にひかれます。やはりトシなのでせう。
……などとヨコモジ使ってますが、訳詩で読んでました(トホホ)。

>るーんさん
わはは、確かにトシですが若輩者です。るーんさんのように穏やかに温かにトシを重ねていければ理想的だよな~、なぞと思っています。つか、日々を何とか生き延びるだけで精一杯な分際で何を言ってるんだか、ですが(笑)。

詩の原書は、たまに雰囲気を味わう程度に読みますが、やっぱり翻訳でないとよくわからないですね

るーんさん、お久しぶりです
世の中に、引っ越し型の人間と、定住型の人間がいるとしたら、
僕は明らかに後者なので、まだ、同じ所に住んでます
そういえばこの辺は薬局が異常に多いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/41502045

この記事へのトラックバック一覧です: アキバは遠くなりにけり:

« 書いたつもりが消えていた | トップページ | 土いじり »