読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 満月夜半のひこうき雲 | トップページ | 花あかり »

またかよ……

鼻風邪ひきましてんねん。昨日今日と実によい天気なのに、まともに出かけられず。昨日は花を見たさに、むりやりにバスで20分ほどの植物園&公園に行きはしたんですが、おかげで悪化。お絵かき教室まで休むしまつ。今日になっても、いつもはさんぽで通う近所の図書館にさえ電車で行くやるせなさ。とほほ。

とはいえ、貸していただいてて、布団の中で読んだ梨木香歩の「家守綺譚」は、好みのど真ん中でよかった。クラシカルな文章が好きな私には、百年前の話という設定でつづられる文章&風景が実によい感じ。さまざまな樹木や花や、日本家屋に吹き通ってくる風、空気や光のうつろいやら、「わかる、わかるぞ~」とリアルに体感できます。四季のある国に生まれてよかったなぁ、と思うこと請け合い。日本語ならではの言い回しがステキな文章からはいろいろな作家のエッセンスが漂ってきて、またそれもわかってやってるオマージュだろうなぁ、と感じられる(スタイルのパクリではなくエッセンスのオマージュです、断言できる)。フシギ話・異界譚でなく、地の文章だけで十分うっとり。そうとう読んでる人ですなぁ(このテの設定つき文章はすぐクサみが鼻についてくるんで、普段はまず読みませんが)。杉浦日向子の明治物とか好きな人あたりにもオススメかな。こなれ方が似てる。
全体として、ちょっと近郊に小旅行して、知り合いの民家に逗留したような気分にひたれます。いいよ。

ちなみに出かけた植物園では山桜が咲いてました。盛りを過ぎた梅林もありました。いっぱいの菜の花が咲いてました。菜の花のとこには蜜蜂がたくさんいて、しゃがみこんでみると土の上にはアリやら蜘蛛やらも跋扈。ぺんぺん草も白い花で群居、イヌノフグリやらタンポポやらもいっぱいに咲き、生きてる感じがいっぱいでした。

この連休、半分以上を寝て(つーか床に就いて)過ごした……。
もったいない気はするけど、まぁ、しかたない。本格的な春を前に、カラダも調整しまくりってことで。うん。

« 満月夜半のひこうき雲 | トップページ | 花あかり »

愛する本・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/40611312

この記事へのトラックバック一覧です: またかよ……:

« 満月夜半のひこうき雲 | トップページ | 花あかり »