読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« ALL YOU NEED IS LOVE | トップページ | ありゃりゃ? »

粗忽なんだもん

毎週のたのしみ、お絵かき教室。
まだ勝手がわからないのでマトモに扱えないが、油絵の具はたまらなく良い! 油の量次第で水彩のようなクレヨンのような、ぺたぺた感がやめられない。最近は家にも道具を持ち帰って描いてみたりしてる……三連休とか、たっぷり余裕がある時だけんども。

このぺたぺた感のおかげで、描けた作品のデキではなく描いてる途中のたのしさが本命になっている。なので、格段の上達を遂げたりはしないけれど、そこらへんは苦にしない。哲学者の中島義道は、絵画教室に通ってもいっこうに上手くならず、それどころか後から入門した人たちに次々と追い越され、かえって「どうしてこんなにも上手くならないのだろうか」と我ながら興味深くなって、かれこれ十五年ほど通い続けているという。出来不出来などという些細なことにこだわらず、そういう哲学的な(かつケッタイな)腰の据え方をしてこそ、趣味を持つ甲斐といえるんじゃなかろーか。

さて、それはそれとして。油絵では、絵の具で描いといてボロ布でキャンバスを拭き取ることがままある。そんなところもまた、ぐしぐしと指や手を使って描く幼稚園児のような私には、たいへん合っているのだが、何にせよ粗忽な性格なもので、「ボロ布……タオルでいいかぁ」と使っていたら、次の週には画面のあちこちに謎のカタマリが。
「うーん、目の粗いキャンバスだなぁ」とか思いつつよくよく見ると、二つ切りにしたタオルの断面からハラハラと散った糸くずが画面の油絵の具にめり込んで、あちこちで予期せぬコブが生じていた……。
ルネサンス絵画の技法を習ってるはずが、現代美術。 _| ̄|○

ちなみに先生と話すに。
「ボロ布の材質は、そうですね、シーツとかいいですね。あと、オヤジの肌着とかね」
「オヤジの……肌着ですか?」
「そう、オヤジのじゃないと。できれば、首のあたりなんかが伸びきっちゃったヤツですねぇ」
油絵にあらまほしき道具は、最高級のコリンスキーの筆とかじゃなく、おやじ肌着のボロ布か。うーむ。

« ALL YOU NEED IS LOVE | トップページ | ありゃりゃ? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/40089013

この記事へのトラックバック一覧です: 粗忽なんだもん:

« ALL YOU NEED IS LOVE | トップページ | ありゃりゃ? »