読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

コミケに行って、大そうじやって

昨日はコミケに行ってみた。のほほんと行って、11時頃に着いたらまだ入場規制がかかってて、30分後に入場。……目当ての本のもとへまっすぐ進んだが、完売だった。会場ホールに足踏み入れて一分で終わった私のコミケ(とほほ) 。
とはいえ半分は予測していたことなので、いたしかたない……ということで縁日を冷やかす気分で会場をさまよう。
どうやらアニメとゲームだけではなく、軍事系、廃墟系、写真系、鉄道系、国道系、旅行系などのジャンルも一日目に振られていたようで、やっぱそういうとこは楽しいよね。廃墟系サークルが置いてたチェルノブイリのDVD、買わずとも見てみたかったよーな。創作系の多い三日目が、やっぱ一番たのしいと思うが……さすがに大晦日にコミケに行く気にはなれんなぁ。

で、今日は大そうじ。ふだん掃除をしていないので、段取りは悪いわ、手際も悪いわ、エライことになってしまう。もうそこで開き直って「私はヒレ(鰭)掃除なんだから、きれいに掃除できずとも仕方あるまい」と思うことにした。セイウチが掃除するだけ珍しいこと・素晴らしいことだと思え、みたいな意味不明な恩着せがましさを全世界に向けて放射しながら、それでも短時間で掃除を切り上げてしまう事実。

とはいえ実家の玄関前のプランタ群に、投げ売りに出てたパンジーやシクラメンを植え足したのは我ながらよろし。今年は新年の祝いをおおっぴらに出せないが、花の彩りは何よりの「時の寿ぎ」ではなかろか。
放置で枯れた植物が多くて気の毒だが、寒さの中でも必死に成長してる植物もいて、そういう様を見ると心うたれる。好きなとこに移動できて、エアコンだって入れられて、好きに飲み物を飲める分際でいて、泣き言をほざいてるようでは、こーゆー植物にくらべて生命体としてよほど下等な気がする。生命の純度を上げなきゃね♪

、あとはご近所の人気和菓子店(笑)で入手した、ふにふにの餅が待っている。去年はあまりのおいしさに、年を越す前に餅が消えてしまったので、二枚も買っておいた。つまり、一人2kg食べるのか……(楽勝)。お汁粉用のあんこも同店で入手し、ふつふつとこみあげる嬉しさに瞳孔がグルグルしそうだ(←ゲッター線が出ている)。

さぁ、あとは心しずかに大晦日をたのしみ、正月を手ぐすねひいて待ちわびよう。年ごとにクリスマスの風情も消え、正月の風情も感じられなくなる。いまや何の買い出しも必要なく、新年も働く人が多々いるしねぇ。といっても、風情のなさは、時世のせいばかりではない、重ねてきた年のせいもあるんだろう。今年は特にいろいろと、嬉しくもなく盛りだくさんだったが、まぁ年の終わりが良ければすべて良しって気にもなれようもんだ。
なので今年は全力で正月気分になって新年を迎えたい。あ……みかん買っとかなきゃ(汗)。

真冬の太陽

ひたすら風邪の続いた一ヶ月、へろへろになって辿り着いた、クリスマス三連休。
実はこの夏、とーとつに甥ができた……姉夫婦が養育里親というものになったゆえだが、そのまだ人生始めて三年目な甥とたのしく遊ぶべく、会いに行った。子供をかわいいという前に、同レベルであそんでしまうせいで、大変にたのしい時間を過ごした。冗談抜きで、子供というのはまぶしいものだ。実は甥っ子や姪っ子にメロメロな友人が数人いるのだが、気持ちがよ~くわかった。初甥や初姪ができた時は自分も若すぎたもんで、ありがたみがわからなんだよ(笑)。
さらに翌日はお絵かき教室(私は年内最終日)で、お絵描き終了後にささやかな飲みのはずが、行ってみるといきなり宴会セッティングになっていた。ので、筆を執ることもなく宴会に突入、なんか激しすぎる昭和レトロ知識の応酬を繰り広げて帰ってきた。参加者は十人程度だったが、アニメの動画をバイトでやってるという美大の学生さんや、グレンラガンのファンというCG屋さんもいたりして、びっくり。いや、ほんと、同じ教室に同じ時間に行ってても、みんなおたがい名前も顔も知らないんだよ。ひたすら描いてるだけだし。
そして今日は、物見遊山に「ららぽーと横浜」へ行き、ゲットー(かつ山手)シスターのゴスペルサークルのステージをたのしんだ。シスターのトッポい格好と見事なラップは現代のブラック・カルチャー風でカッコよい、だがハートからあふれこぼれてくる感動は、浪花節にも通じる伝統のゴスペル。大勢の歌声が響くステージの熱気を、らぶぱわー放射を受けるよーな気分で堪能した。……ちなみに、昔気質の横浜人は音楽のシュミが(どっちかっつーと)黒っぽいように感じるが、気のせいだろーか。日本でいち早くR&Bを取り入れたのが横浜というのはさもありなん。

てなことで、三連休はまいにちまいにち、好きな人たちに会えた。はっぴー感がない冬曇りな日々、好きな人々がそれぞれに日々のイロイロを抱えながらも笑顔を輝かせてるのを見て、灰色の厚い雲が切れてちょっと日だまりに立ったような幸福をしみじみおぼえた。
ということで、受け取ったらぶぱわーをこめて、読んでくれてる皆様に改めて伝えたい。
最近会えた皆さんも、めったに会えてない皆さんも、まだ会えてない皆さんも、しあわせでいてくれ!! ぬくぬくとね♪

吹いた

Amazonでつらつらとベストセラー本を見てて、このレビューに、吹いた。
引き寄せの法則以前に築き上げなくてはいけないものがあるのではないでしょうか

いや、ご説自体は実にごもっともなんだが……。
「顔も体型も」だけならともかく、「性格・人間性でさえも」という畳みかけ。
すぐ卑屈になるドルジ。ティラミスを笑顔でパクつくドルジ。イヤげなほどに脳内ハイビジョン映像が浮かび来る。
他の箇所にも見られるツッコミも含め、容赦ない。……ネタか? ネタじゃないのか?

一人で胸にしまっておくのがつらかったので、イヤげですが分かち合ってください(含む・脳内映像)。

80年代つながりもういっちょ

勢いでそのままYoutubeを漁ってたら、P.I.L.の「(This is not a )Lovesong」があって喜んで聴いてたら、その関連で、「Nouvelle Vague」なるバンド(ボサノバなんだわ)がこの曲をカバーしているのを知った。吹いた。しかもスゲーいいんだわ。コメント欄を見るに、韓国ドラマで使われたみたいだね。
このバンドのアルバムがまた……、ボサノバでThe ClashやるのかThe Cureやるのか、と。Youtubeで見たら、Relax! とか Heart of glass もやってたし。冬にボサノバもナニだが、まとめて聴いてみたい。
ちなみに私はカバー曲とかトリビュートとかってだいすきです。アレンジをたのしむのはとても楽しいし、遡って聴いて音楽のルーツを知るのも楽しいし。ツェッペリン好きのおかげで、ど真っ黒いデルタ・ブルースまで聴いたりしてさ。いいもんです、音楽は。

四半世紀

Gyaoの「昭和TV」で、ユーリズミックスのライブをやってたので、つい見てしまってた。アニー・レノックス、めちゃカコイイ。中学生でもわかる単語を並べた歌詞で、しかし深淵を垣間見せる、あのダークな曲世界が好きでした。(てか、セカンドとサードしか聴いてないんですが)
……って24年前のことだと気づいてびっくり。
ある程度は距離を置いて、ある程度は当時の好き♪のままに、かつて好きだったものを多面的に……そう、懐かしいというだけじゃなく、もうすこし長期&広い視野の中で位置づけて……、振り返られるよーになったことは、嬉しい気がする。長生きはするもんだな。

寒いからうちに帰ろう

※この記事でふれたお子は、無事に保護されたそうです。よかったよかった。2008.1.8

おともだちの日記で見かけた話を、神奈川県民のよしみで、こんな辺境の地のブログに掲載。

「横浜市都筑区東山田(港北ニュータウン)在住の12歳の男の子が12/6(木)から行方不明」
発達障害があるお子だそーで、親御さんはさぞ心配ではなかろーか。
つか、横浜北部や川崎や23区南側に在勤・在住の人々は、ちと心の隅に留め置くってことで。

さむいんだから、みんな家でなごんで過ごしたいよね。

これが棚ざらえか

風邪です。リッパな風邪。週の半ばから。
だが有休もないしタスクもあったので、刺身にタンポポを乗せるような仕事ではあっても、休まずに働きました。そいで夜は11時前には寝てました。メールその他の返事は過小にとどめてましたが、そんな顛末ですた。

で、まだまだ真っ最中なんだけど、まだ熱っぽいんだけど、図書館に行ったりお絵描き教室に行ったりはします。洗濯もしてます。たかが風邪ごときで、三連休や年末年始に向かう浮かれ気分に水を差すつもりはないので。

おそらくこの風邪は、体内で、体内なりの年忘れ大会を開いているのではないかと思います。燃えろ俺の小宇宙(コスモ)ってやつですか。夜は石油ストーブを出して暖かくしてドテラ着て養命酒を二杯のんで援護射撃する予定。

そうそう、今年は強敵(とも)と連れだって、コミケ(一日目)に行く予定。今年放映された「天元突破グレンラガン」が妙に好きになったんで、人生初の自発的コミケ行きしてみます。とはいえ、死んでも欲しい同人誌とかは別にないので、雰囲気だけ楽しもうかと。もし会場で遭遇できたら嬉しいなぁ>戦国スキーな方。

ぺたぺた

つーことで、土曜日のお絵かき教室で、油絵の具してきました。
キャンバスに描いたのは初めてだったが、ぽんぽんした弾力に魅了されてしまった。なんか生理的にキモチイイよ。うん。
なんといってもキャンバスは、塗り重ねても穴が開かない!!(←私はねちねちと描きなおすので、水彩画は薄い紙なんか使うと紙に穴が開く)。

とはいえ、せっかくいただいた画材を持っていくのを忘れてしまったマヌケさ。
でも最初はカマイユ(白と茶褐色の二色を混ぜて下絵描き……白と黒だとグリザイユというそーな)だけなので、筆はいっぽん、絵の具は二本で事足りました。

行ってみて、与えられたお題は自画像。ならば、と、美化150%して、パルミジャニーノのごとく美麗な自画像でも描こうと思ったのだが、ふと気づくとナンシー関の彫ったジミー・ペイジのような褐色の人物がそこに orz 。


いま、「去年の12月って何してたっけか……」とこのブログでバックナンバーを見てみると、「来年からは水彩画」という話が出てた。学校以来の水彩画は、奥が深いものだなぁと感じさせられますた。画法じゃないよ、ハートだよ。

何はともあれ

まだ連日やや熱っぽいこともあって、ブログに限らず、しばらく何も書かずにいたが、何も書かずにいるとなぜかウザウザしてくる。朝の京浜東北線のなかで、よしなしごとを書き連ねたい衝動に駆られたが、そういう衝動というのも困るもんだ。たわごとを発信しないと気が済まない体質になってしまったんだろう。
ということで、生存証明がてら書きます(←一般人ブログの多くはこの理由から発信されてるのではなかろうか?)

・最近、会社帰りの時間に近所の公園で、木の根もとで枯れ葉に埋もれて、ごく自然に寝そべってる猫と何度か遭遇してびっくり。いや、ほんとに自然に埋もれてんのよ、実にいい感じに。のすぅっ、とね。……私的に「枯れ葉猫」と名付けました。

・お絵かき教室、来週からよーやく油絵を習い始めることになりますた。以前にSさんにいただいた道具と、さらに教室の余り物など回してもらって、投資ゼロ・気合いゼロで始める他力本願の道。ありがとうございます>Sさん ……いただいてからもう二年くらい経つのかな?(汗) のっそりのっそりとたのしむこと自体をたのしんでます。

・ウザい毎日の労働も、ごく冷静かつ客観的に検討すれば、もともとの希望条件と恐ろしくマッチしていることに改めて気づく。こんなサエなくてショボい日々を望んでいたのかぁ~>自分 ……願いごとをする前に、叶ってしまった時のことをリアルに、ほんとにリアルに想像しておかなくちゃいけないねぇ。とほほ。
……ああっ、三億円あたってしまったらどうしよう!(←くじを買ってもいないという事実)

キビシイ土日

つか、二週間ほど前から、じりじりと風邪気味。
ありもしない気力を振り絞って、本格化しないように押し返しているのだが、いかんせん会社という場所はウィルスを濃ゆくするためだけにあるような場所。一進一退というより、半退一退という感じでじりじり押されている。しかし、有給もナニもない今は会社を休むわけにいかない。
てか、世間のヒトは一日横になるだけでMAX回復するものなのか? つか、世間のヒトは少々の体調不良くらいじゃ、私のようにへちゃへちゃと弱音を吐いてサボったりはしまいが。……かくてMAX回復しない人々が出社して、地獄のウィルス・ドッジボールが延々と続けられるわけだ。そしてうちに帰還するなり、どーっと眠ってしまいたいダルい日々が続いてる……。
なので土日はひたすら寝ます。いろいろと買い出しもしたいしあちこちに出かけたいのだが……十日以上、のどが痛いままで、つのる危機感。年末まで乗り切れるかなぁ。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »