読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« フェルメール展……行ってはきたものの | トップページ | 知ってどうする、だが…… »

空は広いのに、広いのに

おともだちのブログか日記で見かけ、図書館で、「人生の100のリスト」を借りて読んだ。著者のロバート・ハリスさんはJ-WAVEのD.J.だそうだ(ラジオは聞かないが名前は知ってる)。これは著者が大学生の頃、人生でやってみたいこと100のリストを書き出してから、達成してみたり、入れ替えてみたりしてきた経緯、つまりは人生の様々エピソード集なのだが、波瀾万丈で面白い。いや、波瀾万丈だから面白いわけじゃない。

勇気を持って生きるとき、人生は美しいのだなぁ、と思わせられる。そこがミソではなかろうか。

ヘタレにも勇気と憧れを充填してくれる本ではあるけど、何ともせつない気持ちになる。
かつて取引先のヨーロッパ人が結婚したとき、新婚旅行をかねて、これから三年ほどかけて、その土地土地で稼いだり学んだりしつつ世界を回るんだ、という話を聞いて、「すげーなぁ」と思ったりもしたもんだが、考えてみたら一度限りの人生なんだし、思い残すことなくやりたいことをやるほうが自然といえば自然。
何も得ることがなくとも、思わず識らず小さなぢべたにしがみついてしまうドメスティック根性が、いったいどこから湧いてきて内面の規律になってしまっているのか、思えばふしぎなもんである。
……そんな後悔がある日猛然と噴き出てきて、そしてお遍路さん化するのが、日本の晩年の道なのかしらん。

読後にはいつにもまさって、私の心のベストテンに常にランクイン入りの名曲「PRIVATE STORY」(80年代の異才バンドPINKの名曲、映画「チ・ン・ピ・ラ」のテーマ)が心に沁みた。ううむ。

« フェルメール展……行ってはきたものの | トップページ | 知ってどうする、だが…… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空は広いのに、広いのに:

« フェルメール展……行ってはきたものの | トップページ | 知ってどうする、だが…… »