読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« ファウンデーションの興亡-場のうつろいと「鉄コン」の“俺の街” | トップページ | 棄てるのも何だか »

ささやかな完遂

押し入れの三枚のふすま。昨年の11月のエントリに書いたが、いちまい貼り替えただけで放置していた。
でもその放置していた二枚を、今日ようやく貼り替えた。
十ヶ月も間を空けんなよ……って感じだが、螺旋力やゲッター線を積極的に浴びてきたおかげで生命力が回復しつつあるのかな。

しかし……、今さら気づいたのだが、豪ちゃんが超絶に神だった時代(1973~74年)にはまだ生まれてなかったお友達も少なくないのだなぁ。いまじゃ “自作劣化再生産乙” なだけのヒトって印象なんだろか……まぁ否定はしきれないが……、しかし、だがしかし!!
いろいろな人に「あなたにとっての“神作者”は誰でした?」とか聞いてみたい気もする。“神作者”を持てるのは十代までだろうし。

※七月後半からすげーオタくさいエントリばかりで一種ご心配をかけてますが(笑)、たぶん秋の訪れとともに落ち着きます。ひとさまが作ったものに一生夢中になっていられたら楽しいと思うけど、哀しいかな、それは無理な相談だよね。

« ファウンデーションの興亡-場のうつろいと「鉄コン」の“俺の街” | トップページ | 棄てるのも何だか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1985年生まれの娘が、今まさに
「デビルマン」読んでます。
デビルマンすごいっす。
永井豪ってすごいね、と熱中してます。

直に永井豪先生みるって、すごいわ~。
私は、紙媒体でのお写真しか拝見したことないけど
若々しいんですよね、豪ちゃん。

おお、Mちゃんが……うれしい。時の経つのは早いものです。
個人的には、「デビルマン」と、直後の連載「バイオレンスジャック(週刊少年マガジンの連載分のみ!)」あたり、特に乞う・ご一読。真正のダイモーン憑き作品です。えっち系・ギャグ系作品もあまりのアナーキーさと黒さに抱腹絶倒は確実です(笑)。

豪ちゃんの作品はあの根底的なマザコンぽさ(スサノオ原型)が実にたまりませんが、ご本人も優しげで穏和な雰囲気、まさに冷奴先生でした!
あの作品のドライブ感に魅せられて小学校入学前から読みふけり、愛と憎悪とエロと哄笑とスパークを小脳レベルで刷り込んでいただいた私にとっては、もう手を合わせるしかなかったです(笑)。

リメイクとかはあまり意味はないと思うけれど、全盛期の放射を浴びた人間にとっては、あまたのクリエイターたちがそうしたくなる気持ちもわかります。うん。
※ちなみに庵野の実写映画のスピンオフOVAアニメ 「Re:キューティーハニー」 は、旧作のイイ感じを最大限に残したデキに、スタッフの豪ちゃん愛を感じました。「天元突破グレンラガン」の監督と構成が参加してます。

台風9号、関東は暴風域です。

今日は、豪先生のお誕生日ですね~。
「Re:キューティーハニー」は、まだ見てないけど、
作家活動40周年とかで、キューティハニー、実写で
テレビ化するそうですね。
しかし、テレビ東京系で深夜一時放映・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000008-flix-movi

そんで、実写というキーワードを頼りに
せいさんの日記のコメント欄に
「これ、これ、興味のある方みて~」と
書いていくのも、ちょっとヘンなのですが

「ドラゴンボール」の実写版の話しがハリウッドで
出て、もうだいぶたちますが、最近やっと動きはじめたようですね。
なのですが、台湾と韓国では、すでに実写版が放映されていたのねん。
いろんな意味で、ちょっとスゴイです。
よかったら、みてみて、このサイト。

http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/17290852.html

http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50172112.html

横浜もすごい雨と嵐です。外からものすごい物音が……。

「キューティーハニー」……、だ~からぁ、やめてっちゅーのに(笑)。グラビア系新人タレントを売るための企画とは思いますが、もうこうなったらあえてハズしまくって、ネタとして名を残すことを狙ってほしい。

「ドラゴンボール」の実写版ですか~、前に台湾版の「北斗の拳・実写版」なら、このサイトで見たことありましたが。
……韓国版の悟空の髪型って、大昔の鉄腕アトム・実写版みたいではないでしょーか。

イタさについては、大昔の「実写・ハレンチ学園」や「実写・ワイルド7」とか、1970年代の日本のイタさを知っているから、もう動じません。……最近、長生きの効用がわかってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/16337282

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな完遂:

« ファウンデーションの興亡-場のうつろいと「鉄コン」の“俺の街” | トップページ | 棄てるのも何だか »