読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 雨だとひたすらDVD | トップページ | 森村泰昌展 「美の教室-静聴せよ」-はにかみと決然 »

どういうお悔やみラッシュだ

アントニオーニが死んでも、あんまり見てないから通りいっぺんなお悔やみで済むが、阿久悠が死んだのは、結構しみじみした。作詞といっても、Wikipediaをみればわかるとおりピンクレディーや都はるみ、宇宙戦艦ヤマトやデビルマン、ピンポンパン体操などなど、凄まじく守備範囲が広い。だが私にとっての阿久悠は全盛期ジュリーにトドメを刺す。ビンボくさい昭和日本の現実を無視した虚構のドラマ世界は、芝居や映画だとやはり粗が見えてキビシイものだが、3分間そこそこの魔法なら何とかなる。阿久悠の作品世界は、早世した絵師・上村一夫と同じく、何より情念と美を優先させたように思う……淡々とした語り口も実は出来るくせにな。
まだ夜が明けないので、私の好きな曲、モップスの「朝まで待てない」がお悔やみによさげな感じがする。これはなんと阿久悠のA面デビュー作だったらしい。ちなみに私はこの歌詞を林静一の漫画「赤色エレジー」で知った。実際に曲を聴いたのは何十年かのちなんだが……。
♪闇に~向かっておまえの名を呼ぶ 今すぐ会いたい 朝まで~待てない~

« 雨だとひたすらDVD | トップページ | 森村泰昌展 「美の教室-静聴せよ」-はにかみと決然 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/15990394

この記事へのトラックバック一覧です: どういうお悔やみラッシュだ:

« 雨だとひたすらDVD | トップページ | 森村泰昌展 「美の教室-静聴せよ」-はにかみと決然 »