読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« DVDまとめ見 「日本沈没」 「ファイトクラブ」 「太陽」 | トップページ | 「闇の守り人」 »

DVD 「日本以外全部沈没」 「パプリカ」-罵倒編

奇しくも両方が筒井康隆の原作。不本意ながらも罵倒になってしまったので、これらの作品が好きな人は読まないでください。覚え書きなので書いておくけど。

「日本以外全部沈没」……B級映画といっても、いろいろある。予算やら都合やらの関係で、どうにもB級としか言えないんだけど、でも 「コレをマジ創りたいんだ、どうにもコレが好きなんだぁぁぁ!!」 という想いが見てる方にも時おり伝わってくる。そういうのが、ただしい “B級映画” だと思う。決してシネコンの大スクリーンを占拠したりはできないけど、見た人の心に何かを残すし、中には熱烈なファンがつくものもあったりする。
あふれる愛と真剣さがあるところに、ジャンルその他なにも関係ない。ラノベとかが人気を博しているのは、読者のみならず作者自身も作品(やキャラ)を愛していることが多いからではないだろうか。

てなことで言うと、これはダメダメすぎてB級にも入らない。飲み屋の身内盛り上がりで作っちゃっただけで、誰も愛してもいないし真剣にもなってないという感じ。パロディにも空回りでつまらないし、外国人差別の下りなどは逆説的な描き方のはずが、監督の心性が差別に迎合している感じで、むしろ途中で見るのをやめようかと思うほど、不愉快極まりなかった。野坂昭如や筒井康隆あたりの 「パツキンガイジン」 への屈折感は、今の世代にはリアリティもなく、むしろ反感を買うだけだろうなぁとも思いもした。まぁ、今となってみたらもう完全に「古典」でしかないんだけどさ。てなことで、わざわざこんなもんを見て、ナメた心持ちの制作陣に投げ銭くれてやる必要なんて全くない、ということでひとつ。


「パプリカ」……近未来SF精神分析アニメ。これも辛口にならざるを得ない。つか、この監督、「千年女優」のときも思ったけど、巧いけど全く魅力がない。ストーリーの組み立てなんかでもそうだけど、ソツがないけど 「だから?」 って感じ。
“イメージの奔流” とかいう惹句だが、どうにも感覚が古い。パプリカは手塚治虫の絵を見てるようだし、魑魅魍魎パレードも多重夢もビューティフルドリーマーで終わっとるんじゃ!って感じ。なんか、押井守と似てる……アタマで考えすぎな部分も、描く女性にまったく魅力がないあたりも。押井も「ビューティフルドリーマー」や「攻殻」では原作の官能性(生の感覚くらいに解してください)のおかげでヒットしただけじゃんって思うけど。専門家は褒めても興行は惨敗しそうなあたり、また似てる。
アニメは動くのがたのしい。宮崎駿の「飛ぶ」シーンはあまりにも有名だけど、視界のなかで揺れ動く色や線の「うひゃー」感は必須ではなかろうか。うまい一枚絵が描けるからどうというもんでもないだろう。アタマでしか描けてないアニメなんか見ても、誰も感動・官能しないのだ。このアニメで喜んだのは進行管理だけじゃないのか。
つか、こんなアニメ見るヒマあったら、同じアニメでも 「マインドゲーム」 見たほうが百倍くらい楽しいと思う。あっちは絵を描く悦びや動かす悦びが感じられるので。
てか、文化庁メディア芸術祭で(自主製作部門で)受賞してた「レッツゴー番長デッドオアアライブ」をもう一度見たい。……とか描いてたら、埼玉の映画祭で上映するよーだ。うわー、見てー!!

« DVDまとめ見 「日本沈没」 「ファイトクラブ」 「太陽」 | トップページ | 「闇の守り人」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「パプリカ」は全編ちゃんと見たわけじゃないんですが(原作も知らない)、アニメにして見たいのはこういう映像じゃないって思いました。人物が走っている廊下がぐにゃりと曲がったとき、興ざめしました。監督の人のいい感じ(?)が見えるんだけど、宮崎駿のようなワクワク感なし。絵の好みの問題かなと思ってましたが、うん、どこにもこれといった魅力がないんですよね。けなすだけで気が引けますが、思わずコメントしました。

おお、罵倒にありがたいコメントが~。
けなしマニアの世界にようこそ(違)。
「アニメで見たい映像とは違われな気が……」という感を抱いたのは私だけではなかったんですな。

「たくさん描きこんであって丁寧な仕事で、さすが上手ですね~、さすが劇場公開作ですね~」だとか「あの赤絨毯の廊下はシャイニングのイメージかな、知的だねぇ」 とかは言われても、「これ好きっ!メチャ好きっ!」 とは誰も叫ばないよーな気がします。

「そんなもんこそ自主制作でやればいいじゃんよ」
とつい暴言(笑)。

「それではビジネスがスムーズに廻らない」と理解してはいても、でも、クリエイティブな世界って、「みんなに嫌われなくてナンボ」じゃなくて「誰かを惚れさせてナンボ」を大切にしないとどーしよーもないかと。

その点で、自分の「好き」に固執しながらも、しかも客に惚れさせる宮崎駿は、やっぱスゴイ。ジブリファンという訳でもないですが、そこは素直に評価したい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD 「日本以外全部沈没」 「パプリカ」-罵倒編:

« DVDまとめ見 「日本沈没」 「ファイトクラブ」 「太陽」 | トップページ | 「闇の守り人」 »