読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 鬱になる硫黄島 | トップページ | シュミがいい »

しみじみ系映画が好きな昨今

戦争の話で思いだしたが、今までで一番心に残った戦争映画は 「シン・レッド・ライン」。約3時間の長尺、話が散漫で冗長、日本兵が蛮族みたいに描かれてる、などで賛否両論あるらしいが、私的には全部無問題。戦争映画だけど、異様に内省的でしみじみしました。戦争映画では 「フルメタルジャケット」 と 「地獄の黙示録」 も印象に残ってますが、やはりトシとともにしみじみ系に弱くなっているのか。
しみじみ系では 「アバウト・シュミット」 とか 「アメリカン・ビューティー」 とか 「ジョー・ブラックをよろしく」 とか好き。あそこらへんの、冬の寒い日にあったかいカツ丼大盛りを完食した時のような “人生感” のある映画を求めている今日この頃。

最近みた日本映画では 「地下鉄に乗って」 も悪くなかったんだけど、色恋沙汰を遣ってしみじみ系に持っていけるのは相当の手練れだけではないかと。ラブストーリーだけで一本おはなしはできてしまうものなので、それをうまく物語世界全体の中で調和させて見せるのは至難の業だよねぃ。

« 鬱になる硫黄島 | トップページ | シュミがいい »

愛する本・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/15180248

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみ系映画が好きな昨今:

« 鬱になる硫黄島 | トップページ | シュミがいい »