読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« と言いつつも交流ブラボー | トップページ | よしなしごと »

U.S.A.スタイルはマイクロウェーブ

こちらは年初から北米に行っていたシスターが、おみやげにアヤシいものをくれた。
「おお」
前に雑談で聞いたマカロニ&チーズ、通称「マカチー」。米国の若者が夜更かしなんぞしすぎて小腹が空いたときに食べるジャンクフードという。いわばこちらの「カップヌードル」や「焼きそばUFO」のような位置づけであろうか。
濃厚なナチョチーズが結構好きだし、たまに無性にジャンクフードが貪りたくなる私としては、一度食してみたいと思っていたので、嬉しいことであった。
で、週末にでも家で食そうと思っていたら、箱の横には「鍋で茹でて、水を切り、チーズをかけて……」などとマトモなことが書いてある。疑問に思ってシスターに問い合わせし、正しいアメリカ方式では「皿に盛って水かけてマイクロウェーブでチン」だと確認。そうこなくてはアメリカじゃない!!
だが今度は「皿に残った水を切ってからチーズを混ぜるのだろうか」などと考えて(←この辺りが日本人的な小市民性)、再問い合わせ。「泡だって消えるから気にするな」とのこと。さらに「牛乳を加えるとよい」「耐えられなくなったら、めんつゆや醤油を少し」などの日本人向けアドバイスももらう。
ということで、家に帰って、晩ごはんのあと、しばらく経ってからトライしてみた。「わしは要らんぞ」という、添加物等には人一倍過敏な連れには遠慮して、自分の分だけ、少量つくってみた。
箱を開けたら、いきなりマカロニが詰まってる(外袋なし)。そこにチーズの袋が突っ込んである。この時点でU.S.A.感いっぱい。(・∀・)イイ!
で、水を加え、レンジにかけて………うわー、なんか泡立ってるよ、あやしいよ、あやしいよ!!!!
何度か様子を見て、アドバイス通り牛乳も足してみて、「そろそろ良かろうか」とチーズをかけてみると。
うあああああああ!! 蛍光だよ! 蛍光オレンジだよ!
洗剤に蛍光増白剤って入ってるけど、なんかアレげな感じだよ!!! ヤバすぎ感バリバリー!!
食べてみると、なんか……なんというか……デフォルメされた味。濃ゆいよ! ここに長椅子があってTVがあってコカコーラがあったら……、気づいたら自分がベースボールキャップかぶってヨレヨレに伸びたTシャツなんか着て腹を出しながら、「HaHaHaHa!!」とか笑ってたらどうしよう!みたいなキケンさを感じる。
しかし困ったことだが。決してキライな味ではなかったりする(爆)。
ホフブロウのスパビザ並みに単調な味なので、途中でめんつゆなんか足してみたりしたが、基本的にマカロニもナチョチーズも好きだし、何といっても頭の悪くなりそうなジャンクフードというのは時に抗しがたい魅力を感じるではないか。
1
2 3
私が作ると食べる前でもデンジャラス感あふれる盛りつけ 外箱のデザインは洗練されているのだ ガキの頃からこーゆーもんを食べてりゃ、生き残りはおのずと「国際競争なんのその」になるのか?

« と言いつつも交流ブラボー | トップページ | よしなしごと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せいちゃん、なんとも美味しそうなマカチーレポートですね、ありがとうございます!このようにレポートをしていただくと、私がこよなく愛するマカチーがどんなに不気味な代物か、再確認ですね!
でも、いいです。だっておいしいんだもん。
まだまだ箱ありますんで、なくなったらこっそりリクエストして下さい。

おおっ、ご提供もと降臨、感謝!
いあ、困ったことにおいしいよ、アレ! 不気味なくせにクセになりそうな味ってキケンだよ!
ちなみに今日は U.S.A.風に一皿食べたあと、さらにまだ少し残っていたので、鍋の横に書かれてある作り方通りでも作ってみました。不気味不気味と連発するだけでは、世界2位の食品コングロマリットという 米KRAFT Foods社に名誉毀損で訴えられかねない(笑)。
たーっぷりのお湯で茹でて、牛乳入れて無塩バター入れて、さらに、日本人的に醤油を入れて刻みノリなんかかけると……。
サラダとジュースをつけたら、みなとみらいのぼったくりレストラン辺りなら軽く1000円は取られそうな一品ができあがりました。イケます!(でもマイクロウェーブでも良い気がする)
食べてみてハマる気持ちがよくわかりました~。しかし一回の旅行ごとに持って帰れる数が限られていることだし、リクエストは自粛。メリケン文化を伝えてくれて感謝!

おひさしぶりです。
小学生の時に『かっぱえびせん』『カール』だのが誕生したスナック第一世代の私は『ドリトス』が大好きで、神戸とか成城石井に行くとアチラ版のでかい袋で買ってしまいます。
これにコロナビールやテキーラがあれば気分はもお、

(≧∀≦)/ メヒコ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

…であります。が、しかし、あの表面の赤ちゅうかオレンジのチーズって何チーズなんでしょう。たぶんせいさんが書いておられる蛍光系のと親戚なんでしょうねえ。
ちなみに箱売りのタコスセットもものすごい塩味で、レシピ通りに作ると塩辛くて食えなかったんですが、ひょっとするとアチラの人はあれがノーマルなのかと記事を読んでなんとなく納得しました。
「そら、戦争負けるわなあ」ってギャグを思い出しました。

ああっ、TOMさん、ジャンクなところへようこそいらっしゃいませ~。
ドリトスというとやはりナチョチーズですよね。
私もアレは好物です。デカ袋もがふがふ食べてしまいます。
(で、あとで胃がぱんぱんに膨れて苦しかったりする)
確かに塩辛い気もしますが、メヒコな人々は、灼熱の太陽の下、だくだく汗を流しているので、がんがんビール飲んで、ばりばり塩味トルティーヤを食べて、ちょうどいいのかも。

スナックはふだんあまり食べないのですが、食べると巨大袋で行きます。ちなみにカールのチーズ味もだいすきです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/13565870

この記事へのトラックバック一覧です: U.S.A.スタイルはマイクロウェーブ:

« と言いつつも交流ブラボー | トップページ | よしなしごと »