読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« ルソー展にいってきた | トップページ | 甲斐がない »

写経かよ

先週、今週と、週に二回もお絵かき教室に行けたので、しごくメンタルな調子がいい。描いてる間は、ただただ描くことに没頭しているので、ほとんど無我の境地。
とか言ってると、素晴らしいものでも描けているのか? と思われるでしょーが、そんなことはなく、単なる「おとなの塗り絵」をやってるだけ。よく見る→光と影をぬりぬりと塗り分ける→間違ってる→消す→よく見る(以下くりかえし)を黙々とたのしんでるだけでふ。五歳児がしゃがみこんで地べたのアリンコをじーっと見てるようなノリ。
てか、むしろ 「これは一種の写経みたいなものにやあらむ」 という気がしてます。「ものには質量がある」「光が反射するからものが見える」「色とは光のスペクトル」 なんてことが改めて頭にうかぶし。絵がうまくなるならないはともかく、モノを描き写す訓練は、世界を識る道のひとつとして実に楽しい。
もちろん絵ばかりが道なわけではない。歌を歌うひと、楽器を弾くひと、建物をつくるひと、文章を書くひと、数式を書くひと、星を観るひと、などなど、いろいろなことが楽しさを持っている。そして何がいいって、どの時代にどの国に生まれても、そういう道を歩くひとは今までもいて、今もいて、これからも居るだろうってことだ。なんかそれ自体が楽しいよね。

そうそう。しばらく前に 『最近は絵のことばっか書いてるけど、文章はどーでもいいのか?』 ってセルフつっこみが浮かびますたが、いまでは 「愚問だ」 と思うようになりました。鳥は歌うし、私も描く書くしかじか。 「カク!」 で It's All.

« ルソー展にいってきた | トップページ | 甲斐がない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちのボロアパートの前はあまり人通りがないので、近所(なぜか近所は結構なお家が建つ住宅街)の子供たちが、チョークで道路に落書きしております。
車に気をつけろよー、と思う反面、いまどきあまり見ない光景だなあとほのぼのするのであります。雨が降ったら消えちゃうので迷惑でもないですしね。

おお、そういえば。昔はあちこちの路地で子供の書いたチョーク絵(石蹴りの輪っかとか)を見かけたものですが……。
高齢化・移民化の進むゲットーのせいもあろうかと思いますが、今はまったく見かけないです。ちょっと淋しいですなぁ。

こんにちは!
いつも更新されるたび拝見しております~。

>モノを描き写す訓練は、世界を識る道のひとつとして実に楽しい。

これ、衝撃でした。
せっかく絵を描く時間ができたというのに、楽しく描けないで悶々としていたところへ、光明が差したみたいな感じでした。

とても広い視野から楽しんで絵を描かれているのがうらやましく、
「わ、私も(そんな風になりたい)!!」
と思いました。

デッサンをする時の視点を変えて、基本に立ち返ってみようと思いました。

とても心に響いたので、手帳に「お言葉」として残させていただいていいですか?

ひゃ~、鳩羽さん、こんにちは~。私も鳩羽さんがブログを更新されるたび、こそこそっと読みに行っております~(意外とシャイな海獣なのでコメントは付けられませんが)。
そんな「お言葉」などという立派なものじゃないので、どぞ、お気になさらず~(汗)。
ヨノナカには素晴らしい絵描きさんがたくさんいると思いますが、自分は「絵が好きだ~」以上でも以下でもないので、二歳児みたいにマイペースでやっていくしかないのです(笑)。

おたがいに、いま生きて、いま見てて、いま描いていられる、そのしあわせとヨロコビを満喫いたしませう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/13093425

この記事へのトラックバック一覧です: 写経かよ:

« ルソー展にいってきた | トップページ | 甲斐がない »