読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 走りながら休む | トップページ | みえないの »

エロは線に宿る

トラバもさせていただいたが、ひとさまのエントリを読んで、AERAの「ニッポンのマンガ」を買ってみて読んだ。てか、好きな作家陣の短編読み切りが載っているしね。……しかし今はマンガ大杉。はっきりいってフォローしきれない量ですな。情報がむちゃくちゃ高圧縮されてる読み物なので、良いものについてはヘタな小説を一冊読むよりもはるかに強力に心に効くんだけどなー。……とか言いながら、巷の評判につられて「デトロイト・メタル・シティ」の1巻を買ってしまった自分 orz。 2巻を買うかどうかは微妙なんだけど、「エリートヤンキー三郎」系なあーゆー話って、善良で小市民なA型の心に沁みるんだもん(自分に言い訳)。

てなわけで「AERA」ではイロイロな作家の短編が載っていて、なかなか良かった。ひっさびさに、あぢましでお(←この表記が80年代)読んだが、や~、相変わらず絵がエロいわ(←超讃辞)。まともに作品を読んだことがないんでファンとは言わないが、これだけは掛け値なしに言える。ま、男のコも女のコも血ぃ吐くくらいエロいんだが、やってることはスラップスティックギャグってあたりがまた……。でも、あぢまのストレートなエロ系って意外に萌えないすよ? 諸星大二郎も (;´Д`)'`ァ'`ァ に色っぽい少年少女を描くよな……。
ま、さかのぼってくと、藤子不二夫Fの描く女のコ、横山光輝の描く少年、そして当然に手塚治虫の少年少女、と、みなそれぞれにエロティック。
昨今では人体のリアル描写を競ったり、ネコ耳やメガネ記号だけで萌え~とかやってるが、やはり 「マンガ家なら息づく描線で (;´Д`)'`ァ'`ァ させろ!!」と叫びたい。デフォルメを排してエロいのはマンガの力じゃなく本能の力だし(笑)、識別子で条件反射で萌えるのはヒトではなくてイヌと考えていいし。

「フィギュアなんぞにしたらこのエロさが消えてしまう!!」くらいに思える絵が減っていくのは、すごく淋しいよなぁ。てか、最近はマンガでもデッサン力デッサン力といって、西洋美術の手法で勉強するからかな。マンガって、もともとは日本画の流れをひいて、美人画やらペン画やらの流れで来ていたのだろうに。一発で美しい線を引ける人間はデッサンなんかすなー!!(←線を思うままにキレイに引く能力がない人間の逆ギレ)

« 走りながら休む | トップページ | みえないの »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/12638022

この記事へのトラックバック一覧です: エロは線に宿る:

« 走りながら休む | トップページ | みえないの »