読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« たのしみはこれから | トップページ | 描いてきますた »

リアル百鬼夜行(はろうぃん)

土曜日は、お絵かきに行ったほか、わらわらわらわらと動き、ゲットーシスターとお連れさんズお宅でハロウィン・パーティ。気合いの入った仮装のフレンズを前に、ハロウィン色コーディネートと魔女帽子だけの手抜きな自分を恥じる。しかしビアジョッキのかぶりもんはないだろ~(笑)。
途中、たいへんな量の横文字も飛び交ったが、みな発音が本場もんなので聞き取りやすく、8割方は理解できた(長くなると途中で意識が飛んでしまうが)。しかし映画や音楽で受動的にたのしむ者の常で、「貴君の言わんとすることは理解できないでもないが、儂はニホンゴしか話せんのじゃよ~」という状態。
でもラッキーなことに、ドメスティックな私はニホンゴを解さない外国人と遭遇したことがない。伊勢佐木町あたりで道で金髪(染め)コロンビア人とぶつかって「ドモ、スイマセン」と謝られた。IT仕事でご一緒したインド人は日本語が達者で、「よいお年を」のグリーティングもすぐに覚えてくれた。カンがいいイスラエル人は、日本語で疑問を話し合ってるところへ英語で割り込んできて的確に解決してくれた。今回のフィリピンの方も無問題。他力本願、他力本願。
おいしい料理をたらふく頂き、気持ちのよい皆さんとたのしく会話して、あやしく歌を歌いまくり、おいとますると外は雨。いい天気だったので誰も傘などもってない。みんなも一緒に帰るし他に人気もないし、と、雨よけに例の仮装用帽子をかぶった。だがこれが、ナイロン製だしつばは広いし、実にうってつけ!
それから乗り継ぎをして、最終電車で家の最寄り駅に着いた。人気がなくなるまでしばらく待とうと思ったが、連絡待ちをして遅れたせいだか何だか、いつまでもいつまでも人の列が続いた。ご存じの通り、私はせっかちだ。
そして。
降りしきる雨のなか、魔女帽子のつばを両手でつまみながら、傘をさす人々の中を縫って、ててててっと小走りに家路に急いだ。うしろで若者たちが 「わー」 「うおー」 とウケていた。ハロウィンはもともとお化けや悪霊が出てくる夜なんだから間違ってはおるまい。雨の夜にはモノノケくらい走ったっていいだろ、ってことでひとつ。

P.S. 家に帰ってから 「そうだ、連れに傘を持ってきてもらえば良かったんだ!」 と思いつきますた。うちって本当に独立独歩。ちなみに連れに魔女帽かぶらせてみたら、シャレになんなかった。

« たのしみはこれから | トップページ | 描いてきますた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここは日本でやんすから、日本語でいいと思いますです。
某英会話学校のポスターで「日本はいまや、日本語だけでは通用しない」みたいなキャッチフレーズがありまして、舐めるなと思ってしまいました。

相手の国に行けば相手の言葉やジェスチャーでこちらが苦労すべきですし、相手がこちらに来れば相手がこちらの言葉を話すのがまずはスジかと。
もちろん親切で相手の言葉を話してあげるのは良いのですが、度を過ぎてはいけませんよね。
その点、せいさんのご人徳か、よい方々にめぐり合われているのですなあ。

先日お会いした教師の方が「生徒たちはまともに日本語を話せないのに英語を教えなきゃならん・・・」と話していたのを受けての感想でございました。

おお、スズキさん。フォローありがとうございます。
「十億人と友達になろう!」と言われても「いや、そんなに話すことないし(汗)」と怖じ気づいてしまう旧型日本人ですが、おかげさまで人情と知性あふれる人々とは何とか意思疎通できるようです。ありがたい限り。

米兵とか中国移民とかが目に入る環境だったんで、よその言語そのものへの“憧れ”は湧きようもないのですが(笑)、世界中を回ったりするのは楽しそうですね。その時は「ヘンな東洋人」で上等、体当たりで意思疎通したいもんです。人生至る処青山あり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/12475186

この記事へのトラックバック一覧です: リアル百鬼夜行(はろうぃん):

« たのしみはこれから | トップページ | 描いてきますた »