読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« そう来るか | トップページ | ファミリー »

疲れ目対策

ともかく疲れ目がひどい。なら、家にかえってぱそこんいじるな、と言われそうだが、それはムリ。
なので、毎晩、寝る前に蒸しタオルを乗せてみたりしている。これはなかなか効くのでおためしあれ。また、連れのアドバイスで、部屋の天井の照明は落として、机や手もとだけを明るくして、ぱそこんに向かうことにした。これもなかなか良い感じ。
むかしは両目2.0だったが、今では乱視も入って0.2と0.3。だがメガネは苦手なので普段はかけない。コンタクトはアレルギーゆえに医者にやめとけと言われた。
しかし目の性能は分解能だけではあるまい。大昔のAppleIIは色味が滲んでいてそれが何とも美しい味わいを出していたと連れから聞いたことがあるが、そんなもんだろう(ちと違うか)。ルノアールの晩年はとてつもなく目が悪かったともいう。物理的な目をいたわりつつも、ココロの目も磨いていかなきゃなぁ。まだまだ成長期。

« そう来るか | トップページ | ファミリー »

健康」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
私も昨年夏に体調崩して以来の後遺症で12月頃に突然視力低下して、1月に突然回復してついでに以前より視力自体は良くなって右1.2 左1.0になったりしたものの、疲れているとドライアイのような感じになり、近くの物がハッキリ見えないです。(50cm程度以上離れているものは見える)

目を洗ったり目薬さしたり、ビューティーウォーターという道具で直接目に水分補給したりして対処してますが完全回復には身体の疲れからの完全回復が必要みたい。

近くのものが見えなくなっている状態では、まさにブラインドタッチでパソコン打っています。

ところで12月~1月頃の半失明状態みたいな時期には、なんだか変な所の目が開いていたようで、ビル群の中で存在しない筈の道が見えたり、無いはずのものが見えたり、よくしていました。視力回復とともに見えなくなりましたが。

おお、るみさん。おひさしうございます。
目がRebornされたとのこと、不可思議ですなぁ。何かシンボリックな意味でもあったのかもしれませんが……。
7つ離れたうちの姉などは、疲れ目がひどすぎて近くのものが見えなくなり、老眼鏡を買ったとか。
眼は気というか精が放出される場所だそうで、あまり酷使していると早くに老いてしまうかもしれませぬ。
るみさんも、くれぐれもお体は大切に。

しかし、見えないことで見えてくるものがあるというのは、意味深な。
フツーに絵を描いていても普段、いかにモノが見えていないかびっくりしますし、さらにいえば人間の視るものは、脳内補正をしたりごまかしたり、イロイロなフィルタをかけた結果ですしね。純粋に光の屈折とか反射とか、そーゆーものを見ているわけではないよーで。赤ん坊は「形」を知覚できないってゆーし。

……私たちは何を見ているのでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れ目対策:

« そう来るか | トップページ | ファミリー »