読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« BankARTとトリエンナーレ | トップページ | さらに節操がありませんが »

まったく節度がありませんが

前後の脈絡など全くなく、ふぁん語りをしたっていいのではないかと。
吉井さんのライブDVD初回限定版買いますたよ。いや、勤労感謝の日にリリースされていたのと予約してなかったので、結局ネットでまだ初回盤うってるとこ探して買うハメになりますたが。
んで、ヒマがないはずなのに、他のことは後回しにして、とりあえずは今までのシングルのPVを見ました。……相変わらず、理解不能です。イイとか悪いとかいうレベルじゃなく、「わたしにはわからない」というひとこと。イエモンの後期あたりのPVからして、わたしには謎ですが。 「世界には好きか嫌いかさえ言えないくらいわからないものがある」という事実を鮮やかに感じられます。つか、ある意味、このヒトのPVを、世界の広さを知るためだけに見てる気さえすます。もつろん吉井さんへのリスペクト感はまったく変わらないのですが。
ちなみに来年からは YOSHII LOVINSON ではなく、吉井和哉のおなまえで活動されるわけで。なんつーか、やっと吹っ切れましたか、みたいな気もすますが…… YOSHII LOVINSON の時期は、バンド活動から人生から、おそらくは夏の終わりのような途方もなく痛切な時期だったのでせう。斜に構えてみたり、フザけてみたり、イゴイゴしてきてる分、逆に、不器用っつーか生きることに純情っつーか、ピュアなヒトだよなー、つー気がすます。見た目より何より、その “いのちのちから” みたいなトコが響いてくる人ですな。
オラもなんか理由もなく、生きてくことに頑張っていこうと思わされますだよ……いや~、リスペクトできる人がいるのって、しあわせだな~。うん。

« BankARTとトリエンナーレ | トップページ | さらに節操がありませんが »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったく節度がありませんが:

« BankARTとトリエンナーレ | トップページ | さらに節操がありませんが »