読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 眼福&眼災な日 | トップページ | ギャロップ霜月 »

ことばの比率

トシのせいか、毎日毎日キーボードを相手にしてるせいか、腕にニブイ痛みがある。しかし、ふと思うのだが。
こうしてモニタに向かっているヒトの少なからぬ数のヒトは、キーボードをいじる作業をしていると思う……あるいはマウスをいじる作業かもしれないが。まぁ、どっちにせよ「ことば」にかかわる作業だ。
文章なら、稟議書を書いたり、請求書を書いたり、招待状を書いたり、自作の話を書いたり、とかとかとか。絵や音楽やアニメなら、「高感度な」企業サイトを作ったり、自社のホームページを作ったり、依頼の版下を作ったり、自分の売り込みサイトを作ったり、次プロジェクトのゲーム用音楽を作ったり、年賀状を作ったり、パロディ絵(二次創作?)を作ったり、趣味絵を作ったり、とかとかとか。
私にいわせると、絵も文も音楽も「ことば」なので、みんなやってることは同じ。(プログラムを書く作業もことばだが、あれは違う経路をたどることばだ。そこらはいつか詳述するかも)。
作る人の例だけあげたけど、それ以外の人もスレやブログに応答したりして、「ことばイジり」程度のことはやってる。そうでなくともメールで、チャットで、“直裁に?”コミュニケーションはしている。

で、自分にふと聞いてみたい。
一日打っているうち、どれだけの「ことば」が、「自分のこもったことば」なのだろう? 「なにかに言わされてることば」なのだろう?

私は自宅でも仕事でもたくさんキーボードを叩き、マウスをぐりぐり動かして、ことばを並べる。「ただの入力機械」というような匿名的無責任なことばから、「せいいっぱいの誠意と愛を込めて」というとても individualなことばまで。
キカイで済む仕事ではあっても、できるだけ「私は指示を受けただけですから知りません」 「以前からそのような決まりです」といったキカイにはならないよう、ちょっとでも手をかけ、ちょっとでも息は吹き込むよう、気はつけているつもりではある。形骸的なやりとりもプライベートでは避ける。それでもなかなか、ねぇ。

できれば、自宅でも仕事でも、「自分のこもったことば」をたくさん生みたい。ただのジャンクワードで体を損ねるのはイヤげすぎだかんね。

« 眼福&眼災な日 | トップページ | ギャロップ霜月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/6735328

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの比率:

« 眼福&眼災な日 | トップページ | ギャロップ霜月 »