読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« キリギリスのように多忙・木曜日 | トップページ | ラストはまるで阿弥陀来迎 »

キリギリスのように多忙・金曜日

さて。今朝は宅急便で叩き起こされた。bk1からFSSの設定本が届いた。オタと言われてもいい。あの異様で独特なデザインセンスが好き~。自分が、絵でも何でもネチネチ積み上げていくほうなので、アールデコ系のすぱっとした曲線にはムチャクチャ弱い。コロコロ変わり続ける設定とか増殖する年表やらはどうでもいいが……それでも、20年以上かけてひとつの妄想を創りつづけている力はスゴイ。何を創造するにも、妄想力ほど大切なものはないと思う。
それで目がさめて、連れと一緒にA&Vフェスタにでかける。
音の世界というのもシュミである以上、相当あやしい 「いわゆるオカルト」な話がまことしやかに言われているそうで。連れが「トンデモなところが必ず一社はあるはず」と言っていたが、ピュアオーディオのブースで不可思議なスピーカーを発見。しかもデモもやらずに内輪で話してるし。やる気なさ満開。そこで「デモおねがいします」と言い、持参のCDをかけてもらう。ここの2番(有名な曲らしいし聴けばわかる)。この憂愁を含んだ甘いワルツを流した。無指向性スピーカーなので、音がふわぁーとフロアに拡がる。と、どーっと人が寄ってきた。やはり社交界で使われてただけあるな>ワルツ。 見た目はアレかもしらんが、イージーリスニングに使いたい感じの、ふしぎな拡がりを持ったスピーカーだった。現代アートを飾ってあるよーなとこに置いたら、見た目だって全然おっけー。
ほかに、モンキー・パンチ氏のトークセッション。ホームシアターについて語るものだったが、あれだけ当たった作品の原作者なら当然だけど……何千万つっこんでるんだろうか…… _| ̄|○ 。でも百万円単位の機器を「聴かなくても買っちゃう」 お大尽な話を聞かされてもイヤげな感じがしなかったのは人徳か年の功か。その場書き下ろしの色紙プレゼントはクジ運の弱さゆえ当たらなかったが、別世界をかいまみた感じで楽しいトークであった。
でも結局のところ、いろいろなスピーカーを聴いてみても、連れ自作のスピーカーの音は結構よいものだ、とわかったのが一番の収穫かもしれない。ま、ホントの良さを活かすほどの音量で鳴らすことは絶対不可能だけど、何にせよ手持ちのものを愛せるに越したことはない。「うちのごはんはおいしい」と思うことがたいせつ(笑)。

« キリギリスのように多忙・木曜日 | トップページ | ラストはまるで阿弥陀来迎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17296/6084965

この記事へのトラックバック一覧です: キリギリスのように多忙・金曜日:

« キリギリスのように多忙・木曜日 | トップページ | ラストはまるで阿弥陀来迎 »