読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 何とはなしに九月 | トップページ | 魑魅魍魎パラダイス »

苦あり楽あり

台風14号ナービーがエライ猛威をふるっているようですが、九州~西日本地方の知り合いのみなさまはご無事でしょうか。しかし猛威の影で、ちょっぴり嬉しいニュースもあるようで→早明浦ダムの貯水率100%。しかし27時間で貯水率2.3%から100%になるってスゴすぎ。
前振りとはまったく関係なく、今日は「AIKI」なる映画ビデオを連れが借りてきてて一緒に見た(2002年の作)。車椅子の障害者が大東流合気柔術を学ぶせいしゅんドラマもの、ということでまったく期待していなかったのだが、けっこう良かった。前半、突然の事故で障害者になった主人公や周囲の描写が丁寧で(重いけど)、役者も皆なかなかだし、いい意味で裏切られた。いろいろな場面で、「ホントかよー」や「ありえなーい」と「リアルすぎー」や「あるだろーなー」てな感じが入り乱れるし。気負わずに見るとトクした気分になれるたのしい映画かと。
……しかし平日夜に映画など見てたら、他のことが何もできないよ _| ̄|○。
何もかもまるくおさまるとは行かないものだねぃ。

« 何とはなしに九月 | トップページ | 魑魅魍魎パラダイス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うふ。
>気負わずに見るとトクした気分になれるたのしい映画かと。
僕が経験や偏見抜きで見るのは難しそうですなあ、と反省。

道場と格闘談義に多くの時間を割いた学生時代。
当時、合気や気というものに夢中なっていた知人が「K-1選手なんて筋肉だけの阿呆。気の力最強」といったようなことを言っていたもので。

流すということを知らない、とある坊やは「あんなに鍛え上げてるプロを馬鹿にするなら、表に出て俺とやってよ。楽勝でしょ?」とかいってヘコますのでありました・・・すんません。

いやあね、乱暴な人って。今では三国一の気弱人間のくせにー。

ちなみに、僕が昔お会いした大東流の先生は体も鍛えられており、普通に強そうな方でした。合気全般を否定しているわけではありやせんのであしからずご了承くだせい。

悪口はメッ! もしも言うんなら実証してね、というだけでごぜえやす。
(長いコメントすみません)

こんにちは~。
ま、合気というのも謎ですな~。そもそも流派も山のよーに分かれてるし、シロート目には「どうよ?」なものだし。なのでどうしても感想には、“「ホントかよー」や「ありえなーい」”が入ってしまってるわけで(笑)。私的には「あやしげ」です(←うわー! 率直に言ってしまった)。
昔はよく「この武術最強」談義などというのが流行ってますたが、結局のとこ 「流派より個人」でわないかと思いますです。やっぱ。
さらに言うなら 「時の運」に恵まれることではないかと。対人戦闘を前提にする以上、数値とかそーゆー問題ではないし。
「強さ」というのもよくわからんもんですなぁ。
(と、コメント返しも長かったりする謎)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦あり楽あり:

« 何とはなしに九月 | トップページ | 魑魅魍魎パラダイス »