読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 映画をハシゴ | トップページ | お椀ライクに »

リアルって

せっかくなのでマンガを読もうと思い、本屋に寄った。諸星大二郎はまぁ妥当、あとは話題になったが読んだことはないものを読んでみようとして、『恋の門』と『少女革命ウテナ』(まったくの偶然だったが、この取り合わせがどんなにスサマジイ破壊力を生んだか……、恋の門1巻を読んだ人には理解できよう)。
しかしマンガというのは、たましいの文脈にさえ沿っていればかなりムチャクチャでもOKなんだよな、そこがすごいよな、と改めて感心した。現実はひとかけらの石を動かすにも相応のエネルギーを必要とするけど、マンガの中では『在れ』と言えば在るんだもん。ワケのわからん現象に入る説明も、説明になってるよーで全然なってなかったり。小さい頃には気付かずに納得、いやむしろ感心してたりするので、やはりこれは年をとってしまったということなのだろうか。
まったくテレビを見ない我が家では、晩ごはんの時だけ宗教儀礼のようにテレビをつけるが(だってつけても見てないし)、ブラックジャックがお茶の間アニメになっていたので、ほぅほぅと言って、観た。なんと古くさいのだろうと改めて感じたりして。逆にいえばテレビに流せるものというのは、そういうものだ。胸に突き刺さったり毒があったりするものは、みんなが観るものにはふさわしくない。
ブラックジャックも昔は衝撃力があったが今はこうだ。だが親は自分が観たことがあるものなら子供に安心して見せられる。大昔の赤影だの赤胴鈴之助なども、そうした構図のもとに映像化されていたのだな、と今さらながらに気付く。
まぁ、でもコドモにはこういう無難な食い物を与えておくことだ。コドモだって、足りなきゃ自分で『毒』の買い食いくらいする。保護者のたいせつな役割って、“教えすぎないこと”なんだろうな、たぶん。

« 映画をハシゴ | トップページ | お椀ライクに »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアルって:

» 今週のブラック・ジャック「Karte:09 もらい水」 [D.D.のたわごと]
朝顔につるべ取られてもらい水 (加賀千代) ********** 息子の経営する手瀬間医院の病室で剣玉をしているお婆さん。 そこへ白衣姿の息子が現れ,何か言... [続きを読む]

» 100円(笑) [東陽片岡ファンページ「鼻ミサイル」ブログ版]
先ほど閉店間際の古本屋に行ったら、東陽片岡「お三十路の町」が状態も良いのに100 [続きを読む]

« 映画をハシゴ | トップページ | お椀ライクに »