読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 宙鳥海獣 | トップページ | カンフー・ハッスル »

いきづかい

連れがサウンドボードを新しくして、それで音を聴くと、今までよりはよく聴こえる。音がリアルになるのは、特に歌が入っていると、ちょっといやな部分もある。歌い手の人間がじかに伝わってきてしまうのだ。
もちろん、『声などで人が知れるワケもない、ただの妄想だ』 と言われたら、そうかなぁ、で済ませる程度の感じ方だが。オーディオマニアというのは気持ち悪くならないのだろうか、こうも赤の他人を身近に感じるということ自体に。歌い手だってイヤだろうなぁ、恥ずかしいだろう。生きている自分を他人にモロに晒してぶつけてるわけだし。
とある愉快系イベントの際、音楽関係者への質問として、「歌手の整形疑惑などがよく取り沙汰されるが、それなら最初から美人を連れてきて歌わせればいいのでは?」というものがあった。その答えは「CDに入れて聴くに堪える声の持ち主は実は非常に少ない、だから勢いそうなってしまう」というものだった。
機器が優秀になればなるほどアラも目立つ。歌手はスゴイのだな、と感心した。
文章の場合は、そういう機器はない。ただ、ヨノナカにはものすごい読み手も多々いるもので。ネットでそういう読み手の文章を見かけると、くわばらくわばら気分。

« 宙鳥海獣 | トップページ | カンフー・ハッスル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきづかい:

« 宙鳥海獣 | トップページ | カンフー・ハッスル »