読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 花の笑顔 | トップページ | いい時代 »

やおよろず

映像をたくさん見たので今度は本だ、とばかりに、図書館に大量に取り寄せ依頼を出した。
だがここ一、二年、積ん読が増えている。以前は一週間と積んでおかなかったけれど。さらには、さらさらと読みやすい、いわゆる『おかゆ本』を読むことばかり増えている。読むことは書くことの基礎体力というが、そういう意味ではヘタレた訓練しかしていない。凡庸で品のない文章になってしまうのもさもありなん、だ。
で、たまに普段は読まないような本に手を伸ばすと、目に馴染みの薄い文体が飛び込んできて、衝撃をうけたりする。月日とともに「そうか、本は何でもありなんだなぁ」と実感する。自分のモノの見方というか決めつけに、改めて気付かされていたりする。
いろんな人がいて、いろんな表現がある。そしておおいに自由だ。心のなかの見えない檻がすこーし見えてくると「うわー、人生損してたなぁ」と痛感するが、まぁ手遅れ。損をするのもまた、自由ゆえに与えられた祝福ってことで、自分を慰めるこの頃だったりする。

« 花の笑顔 | トップページ | いい時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やおよろず:

« 花の笑顔 | トップページ | いい時代 »