読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« さびしいの? | トップページ | 無言のことば »

うしなわれていくもの

最近、妙なこだわりが抜け、いろいろな本が読めるようになっている。今朝はあまりに暑苦しくベタベタしていてねつけなかったので、積ん読だったものを二冊よんだ。滝本竜彦の「ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ」と神林長平の「七胴落とし」。どちらの作者も初読。で、どちらもたのしめた。
とうぜん、お話の色合いはかなり違う。だがタッチは違えど、どちらも、失われていくものをとても鮮やかに映していた。
失われていくものは、なんと楽しくバカくさく美しくせつなく、そしてなんと苦しく生々しく熱く酔わせるものなのか。
実は、寝付けない夜中じゅう、あるひとのことを考えていた。ここ数日、夜半にひたすら心に浮かぶ。ということは、何かあったのかもしれないし、想ってくれているのかもしれない。確かめようもないし、確かめてどうなるわけでもない。彼女に伝えられる言葉も思いも私は持っていない。タマシイはつながってても言葉がつながらないことは、とてつもなく悲しい。この悲しみがなくなった時、きっと完全に失ったことになるのだろうなぁ。
本を読んだあと、そんなことを思った。

« さびしいの? | トップページ | 無言のことば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うしなわれていくもの:

« さびしいの? | トップページ | 無言のことば »