読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« ぶりかえし | トップページ | 愛しあってるかァーい? »

こどもたち

小学生が小学生を殺すという事件があった。夜中にネットでニュースを見ていて、どうやら掲示板のカキコが理由と知り、鬱になった。言葉のコミュニケーションはすさまじくムズカシイのだ。顔を突き合わせての会話でさえ、相手の真意が読めなかったりすることは多々ある。多少の絵文字やフォントの工夫で何とかなるってもんじゃない。
人間が獲得した能力のなかでも、いちばんスサマジイものだというのに、なぜに誰でも使えるなどと思うのか。
……『アメリ』という映画がある。好きというよりとても印象に残った映画だ。あれは、そういう『魔法』に関して『魔法少女』が抱く畏怖と憧れとときめき、そして彼女と最初の加護対象者&獲物である若い探求者との間での魔法の成就についてのお話だ、と私としては思っている(この作品のキモは、その『魔法』をとりあつかう時の、製作陣の手つきの謙虚さやはにかみを含んだ視線の愛おしさとも思う)。
そういう『魔法』もまた、あからさまなのに省みられない種類の奇跡のひとつだ。たいせつなことは何も隠されていない。ただ魔法使いの高慢は災厄を招く、それだけは人が人に伝えておくべきだろう。
閉じた世界のなかで絡み合ううち相手を殺してしまった、パラスとアテナみたいな魔法少女たち。
こんな不幸が繰り返されないように、と、月並みだけれど、心から思う。

« ぶりかえし | トップページ | 愛しあってるかァーい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あぁ、本当に言葉でのコミュニケーションはすさまじくムズカシイに同感。今朝、Rさんと同じような会話をしたところです。

ホントに、言葉はムズカシイ。
でも、他ならぬさかなさんの言葉で、私はとても心が救われたことがあったりします(←恥ずかしいので詳しくはいえない)。
それもまた言葉の力。

そうですね、その言葉の力が縁で私たちも出会ったのですものね。
ところで、例のブツをいま送りました。月曜日には届くかな。おまけに家族新聞がついてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもたち:

« ぶりかえし | トップページ | 愛しあってるかァーい? »