読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« あなたじゃないって | トップページ | さびしいの? »

Four Seasons

年をとることは悪いことではない。だが、最近とみに、『年とともに、自省の精神は衰えがちになる』ことを感じている。
思春期の頃は、視野は狭く思いこみが激しくとも、その鋭い批判の目は自分自身にも向けることができた(と思う)。ところが、ほっとくと段々と、他人には厳しいままで自分には甘い、そんな在りようになってしまう。痛さに懲り懲りしたとも言えるが、要は、かったるくなるわけで。
その人によってさまざまな『かったるさの形』が、そのまま精神の形をつくってゆく。そしてその人固有の『成人病』を招いていく。どうやらそういうものらしい。人は少なからぬ局面において、慣性の奴隷だ。自分の精神についた、たぷたぷの贅肉に鬱な気分。
つまり人間いくつになろうが、また質の違うカッコ悪さに取り組まされることになるわけだと見えてきた。トホホさはずっと続くのだろうか、やはり。

« あなたじゃないって | トップページ | さびしいの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Four Seasons:

« あなたじゃないって | トップページ | さびしいの? »