読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 薔薇は宇宙だよ | トップページ | かんじる? »

そうだったのか!

先ほどまで、雨を眺めつつドトールでのほほんとしていた。シゴトウィークというのになぜかお絵かきの本を買ってしまっていたりするあたり、微妙にマヌケだが。本屋でいろいろと画集など立ち見して、ひさびさに絵画の素晴らしさを感じ(しょせん印刷は印刷だけど)、ややシアワセな気分だった。
ちなみに美少女CGの描き方!とかいった本なども立ち読みしたのだが、あまりの道の険しさに_| ̄|○。
それにしても最近の若者は絵が巧いなぁと感心させられた。アニメ絵というのであらふか……、何かみな似通って見えるのだが、巧いのは事実だ。……素晴らしい!とは思わないが(ここに訪れる人で巧いと素晴らしいの違いがわからない人はおるまい)、まぁ、描くほうだって最初からそんな評価は望んではいないだろう。
(あ) そのとき、私は、気づいてしまった。
あの、どれもこれも似通っていて、スタイルを踏襲してある程度のラインさえクリアすれば「絵が上手なんだね~」と言ってもらえる、コミュニケーションの入り口になる、という世界は、アニメ絵以外に、もうひとつある。
絵手紙。
アレだ。つまり、その……、そっくり。
非難するつもりはないし、世の趨勢はそういうものだ。
やはり、この国では西洋風な『芸術家』は滅多に成立しないような気はする。そもそも日本の『芸術家』は『芸能者』。身内ウケからやがて広くウケていく、そんなお調子者な展開になりがちなもんだろう。
でも個人的には、タマシイの建築みたいな絵にどーんと連れ去られるのが絵を見る醍醐味なのだが。皆様どんなもんなんだろ?

« 薔薇は宇宙だよ | トップページ | かんじる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだったのか!:

« 薔薇は宇宙だよ | トップページ | かんじる? »