読んだ本・借りた本

  • seiuchiの最近読んだ本

買い忘れないように

カレンダー

無料ブログはココログ

« 変わるものと変わらぬもの | トップページ | 薔薇は宇宙だよ »

本は本をよぶ

リンクさせていただいている「1day1book」で書かれていた「チボー家の人々」が気になったのだが、図書館で見た感じ、長そうなので挫折していた。それと関係なくマンガの紹介本を借りたら、高野文子が「黄色い本」というタイトルで「チボー家の人々」がでてくるマンガを描いていると知り、読んでみたいと思った。と、その本を返却しにいったら、図書館の棚にそのマンガがやってきていた。読んだ。
本の中の登場人物、つまり架空の存在でしかないはずのキャラクターと、たしかに共に生き、呼吸し、心を通わすことは、できる。そう断言できる日々は、たしかにあった。
今は、その彼らの呼吸が、自分が吹き込んだ息(pneuma)だということを知っている。キャラクターの現存性(?)は、作者と読者の愛の結晶のようなシロモノ。もちろん魔法のシクミがわかっても、その奇跡の肌触りは、いまも胸にある。
すばらしい魔法の季節を思い返させる、よい目線のまんがだった。とてもうれしい。

« 変わるものと変わらぬもの | トップページ | 薔薇は宇宙だよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

高野文子の『黄色い本』が出たから『チボー家のジャック』が黄色い本で新装出版されたんですよ。装画も高野文子でちょっとすてきです。
http://www.litrans.net/maplestreet/p/hakusui/index.htm">http://www.litrans.net/maplestreet/p/hakusui/index.htm

ども。実は、その新装出版本の存在も、高野文子のまんがを手に取る直前に(本の紹介雑誌をぱらぱら見ていて)、ぐうぜん知ったところだったのです。情報は来るときには芋づる式にやってくるものですね。ご紹介サイトのコメント、愛ある良い文章ですね。多謝。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本は本をよぶ:

» 「黄色い本 ジャックチボーという名の友人」 高野文子 読破。 [いってきマす。]
本を愛する全ての人へ。 「好きな本を/一生持ってるのもいいもんだと/俺は/思うが... [続きを読む]

« 変わるものと変わらぬもの | トップページ | 薔薇は宇宙だよ »